Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SYNTHESIZING 4,4'-DIISOPROPYLBIPHENYL AND CATALYST

METHOD FOR SYNTHESIZING 4,4'-DIISOPROPYLBIPHENYL AND CATALYST

Patent code P04A004298
File No. GI-H14-2
Posted date Jul 16, 2004
Application number P2002-114847
Publication number P2003-306452A
Patent number P3762986
Date of filing Apr 17, 2002
Date of publication of application Oct 28, 2003
Date of registration Jan 27, 2006
Inventor
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)伊藤 亨
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title METHOD FOR SYNTHESIZING 4,4'-DIISOPROPYLBIPHENYL AND CATALYST
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for synthesizing 4,4'-diisopropylbiphenyl, by which selectivity of 4,4'-diisopropylbiphenyl is improved in the isopropylation reaction of biphenyl and to obtain a catalyst.
SOLUTION: The method for synthesizing 4,4'-diisopropylbiphenyl comprises reacting biphenyl with propylene in the presence of the catalyst and carrying out the isopropylation reaction of biphenyl to synthesize 4,4'-diisopropylbiphenyl. The catalyst is SSZ-24 zeolite. In SSZ-24 zeolite containing boron (B) in the skeleton, preferably aluminum (Al) is introduced into the skeleton so as to raise activity of the SSZ-24 zeolite to the isopropylation reaction of biphenyl. In the introduction, the molar ratio of SiO2 to Al2O3 is preferably 172-768.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、工業的に需要が多い4,4’-ジイソプロピルビフェニルは、触媒としてY型ゼオライトを用い、ビフェニルとプロピレンとを反応させ、ビフェニルのイソプロピル化反応を行うことにより合成されている。



Y型ゼオライトは、その細孔構造に内径が大きいとともに多次元方向に延びる空孔を有し、表面に固体酸触媒として作用する酸点を備えている。そして、4,4’-ジイソプロピルビフェニルを合成するときには、Y型ゼオライトの表面の酸点を利用してビフェニルのイソプロピル化反応が進行する。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ビフェニルとプロピレンとを触媒の存在下に反応させ、ビフェニルのイソプロピル化反応を行い、4,4’-ジイソプロピルビフェニルを合成する4,4’-ジイソプロピルビフェニルの合成方法及び触媒に関するものである。より詳しくは、ビフェニルのイソプロピル化反応において4,4’-ジイソプロピルビフェニルの選択性を向上させることができる4,4’-ジイソプロピルビフェニルの合成方法及び触媒に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ビフェニルとプロピレンとを触媒の存在下に反応させ、ビフェニルのイソプロピル化反応を行い、4,4'-ジイソプロピルビフェニルを合成する4,4'-ジイソプロピルビフェニルの合成方法であって、
前記触媒は、骨格内にアルミニウムが導入された[Al]-SSZ-24ゼオライトであり、前記[Al]-SSZ-24ゼオライトの成分であるSiO2とAl2O3との比を表すSiO2/Al2O3がモル比で172~768に設定されていることを特徴とする4,4'-ジイソプロピルビフェニルの合成方法。

【請求項2】
 
ビフェニルとプロピレンとを反応させ、ビフェニルのイソプロピル化反応を行い、4,4'-ジイソプロピルビフェニルの合成方法に用いられる触媒であって、
骨格内にアルミニウムが導入され、SiO2とAl2O3との比を表すSiO2/Al2O3がモル比で172~768である[Al]-SSZ-24ゼオライトより構成されことを特徴とする触媒。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close