Top > Search of Japanese Patents > OPTICAL WAVEGUIDE DEVICE

OPTICAL WAVEGUIDE DEVICE

Patent code P04A004302
File No. GI-H14-18
Posted date Jul 16, 2004
Application number P2003-018997
Publication number P2004-109965A
Patent number P3668779
Date of filing Jan 28, 2003
Date of publication of application Apr 8, 2004
Date of registration Apr 22, 2005
Priority data
  • P2002-217084 (Jul 25, 2002) JP
Inventor
  • (In Japanese)田中 嘉津夫
  • (In Japanese)田中 雅宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title OPTICAL WAVEGUIDE DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical waveguide device which enhances the intensity of light propagated through an optical waveguide at a low cost without increasing spread of the light.
SOLUTION: An optical waveguide device 11 has an optical waveguide 13 formed therethrough in the direction perpendicular to a metallic plate body 12 made of a negative dielectric medium of which the real part of the dielectric constant takes a negative value. When the direction of polarization of propagated light is taken as the width direction, an opening on the front end side of the optical waveguide 13 is formed into a minute opening 15 which is formed by continuously connecting a narrower part 16 having an inner width in the width direction made smaller than half the wavelength of propagated light and a wider part 17 having inner width larger than that of the narrower part. Consequently, when light is propagated in the optical waveguide 13, surface plasmons generated on both inner surface parts 18 facing each other in the width direction of the narrower part 16 couple to enhance the intensity of the electric field, and reduce the phase velocity, and as a result, the propagated light converges in the narrower part 16.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、光の波長(可視光:0.4~0.8ミクロン)よりも微小な領域における光学的処理を可能にする技術として、近接場光(光の波長よりも短い距離の領域にのみ届く光)を利用した技術が注目を浴びている。例えば、走査近接場光学顕微鏡の分野では、先端に光の波長よりも小さな微小開口が形成された光ファイバ等からなる光プローブが光導波装置として用いられている。そして、試料表面の微小な領域を観察する際には、前記光プローブの微小開口が観察対象たる前記微小な領域に近接配置され、微小開口の表面近傍に滲み出す光の場(近接場)を試料表面に接触させるようにしている。そして、この近接場と結合した試料表面の前記微小な領域のみが前記近接場光にて照射されるようにし、その照射による試料からの反射光、散乱光、又は透過光を検出して前記微小な領域を局所的に観察評価するようにしている。従って、このような光導波装置の一種である光プローブに関しては、例えばCD等の光記録媒体における記録ビットの微小化要請や、サブミクロンの微細加工を行う半導体製造プロセスの評価などに寄与するため、従来から、種々の光プローブが光導波装置として提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば走査近接場光学顕微鏡や光情報記録装置等において使用された場合に好適な光導波装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 所定の光を伝搬可能な光導波路を有する光導波装置において、前記光導波路は、その光伝搬方向に沿う少なくとも一部での前記光伝搬方向に交差する断面の形状が、当該光導波路を介して伝搬される光の偏光方向を幅方向とした場合に、当該幅方向における内面幅寸法が前記伝搬される光の波長の1/2よりも小さな値の幅狭部を有する形状とされ、且つ、その内面全体のうち少なくとも前記幅狭部の幅方向で対向する内面部分がプラズモン活性媒質により構成されたことを特徴とする光導波装置。
【請求項2】
 所定の光を伝搬可能な光導波路を有する光導波装置において、前記光導波路は、その光伝搬方向に沿う少なくとも一部での前記光伝搬方向に交差する断面の形状が、当該光導波路を介して伝搬される光の偏光方向を幅方向とした場合に、当該幅方向における内面幅寸法が前記伝搬される光の波長の1/2よりも小さな値の幅狭部と当該幅狭部よりも前記内面幅寸法が大きな値の幅広部とが前記幅方向と交差する方向に連続して繋がった形状とされ、且つ、その内面全体のうち少なくとも前記幅狭部の幅方向で対向する内面部分がプラズモン活性媒質により構成されたことを特徴とする光導波装置。
【請求項3】
 前記光導波路は、前記幅狭部を有する部分での前記断面の形状において、前記幅方向と直交する方向での当該光導波路の形状寸法が、前記幅狭部で発生する表面プラズモンの位相速度を前記伝搬される光の真空中の速度で除した値に、当該伝搬される光の波長の1/2を乗じて得られる値よりも大きな値に設定されている請求項1又は請求項2に記載の光導波装置。
【請求項4】
 前記プラズモン活性媒質は、比誘電率の実数部が負の値の誘電体媒質である請求項1~請求項3のうち何れか一項に記載の光導波装置。
【請求項5】
 前記光導波路は、前記幅狭部を複数有しており、当該幅狭部を有する部分での前記断面の形状は、各幅狭部と幅広部が前記幅方向と交差する方向へ交互に連続して繋がった形状とされている請求項2~請求項4のうち何れか一項に記載の光導波装置。
【請求項6】
 前記光導波路は、前記伝搬される光を導出可能に形成された端部開口の開口形状が前記幅狭部を有する形状とされている請求項1~請求項5のうち何れか一項に記載の光導波装置。
【請求項7】
 前記光導波路は、当該光導波路の全体に亘り、光伝搬方向に交差する断面の形状が、前記端部開口の開口形状と同一となるように形成されている請求項6に記載の光導波装置。
【請求項8】
 前記光導波路は、当該光導波路を有する装置本体から略錐状又は細柱状をなすように設けられた凸部の先端に、前記端部開口における幅狭部の少なくとも一部が位置するように設けられている請求項6又は請求項7に記載の光導波装置。
【請求項9】
 前記光導波路は、当該光導波路を有する装置本体に複数設けられており、各光導波路は、端部開口における幅狭部がそれぞれ直線状をなし、且つ各幅狭部が互いに平行な配置となるように設けられている請求項7に記載の光導波装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003018997thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close