Top > Search of Japanese Patents > NONDESTRUCTIVE INSPECTION METHOD FOR SECULAR DETERIORATION OF FERROMAGNETIC STRUCTURAL MATERIAL

NONDESTRUCTIVE INSPECTION METHOD FOR SECULAR DETERIORATION OF FERROMAGNETIC STRUCTURAL MATERIAL

Patent code P04A004536
File No. IU040003JP01
Posted date Jul 30, 2004
Application number P2001-013248
Publication number P2002-214200A
Patent number P3472826
Date of filing Jan 22, 2001
Date of publication of application Jul 31, 2002
Date of registration Sep 19, 2003
Inventor
  • (In Japanese)高橋 正氣
Applicant
  • (In Japanese)岩手大学長
Title NONDESTRUCTIVE INSPECTION METHOD FOR SECULAR DETERIORATION OF FERROMAGNETIC STRUCTURAL MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To more precisely and nondestructively capture the secular deterioration of a ferromagnetic structural material or ferromagnetic structure.
SOLUTION: In this method, and secular change of the ferromagnetic structural material is nondestructively inspected on the basis of a hysteresis curve represented by the magnetic field strength H and magnetization M measured for the ferromagnetic structural material. The work of dividing the hysteresis curve into a plurality of pieces and determining the gradient of the curve in each division point from the gradient of a straight line connecting the division point concerned to a non-adjacent division point apart by natural number k pieces is performed with respect to plural kinds of natural number k values. For the value of each natural number k, the degree of conversion of the gradient to a relational expression containing magnetic field strength H, magnetic susceptibility χc and the magnetic susceptibility coefficient c showing the degree of secular deterioration of the ferromagnetic structural material is examined to obtain a natural k value having the highest convergence as an optimum value. The magnetic susceptibility coefficient c is determined from the magnetic susceptibility χc in the optimum value, and the degree of secular deterioration of the ferromagnetic structural material is nondestructively inspected on the basis of the magnetic susceptibility coefficient c.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の一般的な非破壊検査方法は全て、亀裂の発生とその進展を調べることを目的としていた。その結果、現在の非破壊検査方法の発展の方向はできる限り小さい亀裂の発生を発見することにあり、かかる従来の非破壊検査方法では、亀裂が発生する前の段階での強磁性構造材の経年劣化を非破壊的に評価をすることはできなかった。
ところで、強磁性構造材またはそれを用いた強磁性構造体の経年による材料強度劣化を非破壊的に測定する方法として従来、被測定対象の強磁性構造材料または強磁性構造体の保磁力および飽和磁化領域における帯磁率を測定する方法も知られている。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、強磁性構造材またはそれを用いた強磁性構造体の経年劣化による材料強度の劣化を非破壊的に検査する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
強磁性構造材を対象として測定した、磁界強度Hと磁化Mとで表されるヒステリシス磁化曲線に基づき、前記強磁性構造材の経年劣化を非破壊的に検査する方法において、前記ヒステリシス磁化曲線を複数に分割し、各分割点における前記曲線の勾配を、任意の分割点とその分割点から自然数k個離れた隣り合わない分割点との間を結ぶ直線の勾配によって求める、という作業を複数種類の自然数kの値について行い、各自然数kの値に関し、全ての前記分割点について求めた前記勾配から、磁界強度H,帯磁率χcおよび前記強磁性構造材の経年劣化の程度を表す帯磁率係数cを含む関係式である次式
c=χc・H3
への前記勾配の収束の程度を調べて最も良く収束する前記自然数kの値を最適値として得るとともに、前記最適値における帯磁率χcから前記帯磁率係数cを求め、前記帯磁率係数cに基づいて前記強磁性構造材の経年劣化の程度を非破壊検査することを特徴とする、強磁性構造材の経年劣化の非破壊検査方法。

【請求項2】
 
前記n番目の分割点における磁界強度Hおよび磁化Mの値をそれぞれHn,Mnとするとともに、前記n番目の分割点から前記自然数k個離れた分割点における磁界強度Hおよび磁化Mの値をそれぞれHn+k,Mn+kとして、次式
χnk=(Mn+k-Mn)/(Hn+k-Hn
から、前記任意の分割点とその分割点から自然数k個離れた隣り合わない分割点との間を結ぶ直線の勾配χnkを求めることを特徴とする、請求項1記載の強磁性構造材の経年劣化の非破壊検査方法。

【請求項3】
 
前記自然数kは、前記勾配χnkの、次式
c=χc・H3
を変形して得られる次式
log(χc)=log(c)-3log(H)
で示される関係式からの誤差が最小の時の値とすることを特徴とする、請求項2記載の強磁性構造材の経年劣化の非破壊検査方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001013248thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close