Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITE MATERIAL CONTAINING BOUND WATER

COMPOSITE MATERIAL CONTAINING BOUND WATER

Patent code P04A004565
File No. WASEDA-235
Posted date Aug 6, 2004
Application number P2002-320202
Publication number P2004-155819A
Patent number P3871999
Date of filing Nov 1, 2002
Date of publication of application Jun 3, 2004
Date of registration Oct 27, 2006
Inventor
  • (In Japanese)由井 浩
  • (In Japanese)生島 和正
Applicant
  • (In Japanese)武蔵エンジニアリング株式会社
  • (In Japanese)学校法人早稲田大学
Title COMPOSITE MATERIAL CONTAINING BOUND WATER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new material having water fixed basically in the form of bound water to thereby impart such advantages inherent in materials in the natural world as to antistatic properties and prevention of the deposition of dust.
SOLUTION: The new material comprises a composite material derived from a three-dimensional crosslinked metal oxide containing bound water and is characterized in that it contains water fixed in the form of a bound water. It is a bulk material containing a bound water and is obtained by subjecting a metal alkoxide to hydrolysis and polycondensation in the presence of a water-absorptive polymer. A composite material powder is obtained by grinding the composite material.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


プラスチックは優れた成形性、機械的性質があり、しかも安価であるので工業製品、日用品などに大量に使用されている。ガラスも優れた透明性などの特性によって装飾品、日用品、建材、工業製品などに大量に用いられている。
しかしながらプラスチック、ガラスは帯電しやすく、また埃付着汚染が日常的に起こる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、結合水を含み、帯電防止性、埃付着防止性が格段に優れ、日用品、農業用資材、工業製品など広い範囲に利用できる材料に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
吸水性ポリマーの存在下、次式(1)または(2)で示される金属アルコキシドを水とアルコールの溶媒に溶かし、触媒としての酸またはアルカリを添加して、室温~80℃の温度で撹拌しながら反応させて得た結合水を含む金属酸化物3次元架橋体由来の、結合水の形に固定した水を含むことを特徴とする金属酸化物3次元架橋体と水とから成る複合体の複合材料。
M(OR)a (1)
M(OR)n(X)a-n (2)
ここでMはSi、Al、Ti、Zr、Ca、Fe、V、Sn、Li、Be、BおよびPからなる群から選択される原子であり、Rはアルキル基であり、Xはアルキル基、官能基を含むアルキル基、またはハロゲンであり、aはMの原子価であり、nは1からaまでの整数である。上記Xとしては、カルボニル基、カルボキシル基、アミノ基、ビニル基、またはエポキシ基を有するアルキル基である。

【請求項2】
 
吸水性ポリマーの存在下、Si(OC2H5)4 、Si(OCH3)4、Al(O-iso-C3H7)3、およびTi(O-iso-C3H7)4からなる群から選ばれる金属アルコキシドを加水分解重縮合させて得た結合水を含むバルク体である請求項1の複合材料。

【請求項3】
 
請求項1または2の複合材料を粉砕して得た複合材料粉末。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002320202thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close