Top > Search of Japanese Patents > CARBON NANOTUBE

CARBON NANOTUBE commons

Patent code P04A004573
File No. 11
Posted date Aug 27, 2004
Application number P2002-065214
Publication number P2003-261311A
Patent number P3629540
Date of filing Mar 11, 2002
Date of publication of application Sep 16, 2003
Date of registration Dec 24, 2004
Inventor
  • (In Japanese)遠藤 守信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title CARBON NANOTUBE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide carbon nanotubes capable of carrying a large amount of a catalyst metal, thereby increasing catalytic effect.
SOLUTION: Carbon fibers produced by a vapor growth method are cut in round slices and a catalyst metal is carried on the edge sites of carbon mesh layers exposed to the cut end faces. Preferably the carbon fibers cut in round slices have an aspect ratio of 1-10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、カーボンブラックに触媒金属を担持させたものがある。
この触媒は、触媒金属、例えば白金粒子または白金合金粒子を懸濁させた水溶液中にカーボンブラックを浸漬し、撹拌、加熱することによって還元して、カーボンブラック粒子上に白金を析出、担持させるようにしている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は触媒金属を担持したカーボンナノチューブに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
気相成長法により製造された炭素繊維が輪切り状に切断されると共に、発泡処理されることにより炭素網層に軸方向に伸びる割れが生じて炭素網層間の間隔が押し広げられ、前記切断により露出した炭素網層のエッジサイトおよび前記割れにより露出した炭素網層のエッジサイトに触媒金属が担持されたことを特徴とするカーボンナノチューブ。

【請求項2】
 
輪切り状に切断された炭素繊維の長さが0.1μm~1μmであることを特徴とする請求項1記載のカーボンナノチューブ。

【請求項3】
 
アスペクト比が1~10であることを特徴とする請求項1または2記載のカーボンナノチューブ。

【請求項4】
 
触媒金属が白金、パラジウム、オスミウム、ルテニウムまたはニッケルであることを特徴とする請求項1、2または3記載のカーボンナノチューブ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002065214thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close