Top > Search of Japanese Patents > NANOMATRIX-DISPERSED NATURAL RUBBER AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NANOMATRIX-DISPERSED NATURAL RUBBER AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings

Patent code P04A004584
File No. U2002P162
Posted date Aug 13, 2004
Application number P2002-322130
Publication number P2004-155884A
Patent number P4025868
Date of filing Nov 6, 2002
Date of publication of application Jun 3, 2004
Date of registration Oct 19, 2007
Inventor
  • (In Japanese)河原 成元
  • (In Japanese)五十野 善信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学
Title NANOMATRIX-DISPERSED NATURAL RUBBER AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a nanomatrix-dispersed natural rubber having such peculiar phase-separated structure that natural rubber particles as the main component dispersed in fine matrix formed by graft chains as the minor component, having graft polymer properties as well as excellent properties inherent in natural rubber and widely usable in the medical field including condoms, gloves for operation and catheters and as domestic articles or the like.
SOLUTION: The nanomatrix-dispersed natural rubber consists of a grafted natural rubber where vinyl monomers are grafted onto the surface of deproteinized natural rubber particles, produced by deproteinizing a natural rubber latex, introducing radical active points on the surface of rubber particles with a water-soluble radical initiator followed by addition of the vinyl monomer to carry out a graft copolymerization on the surface of the natural rubber particles, and subjecting the resultant latex to film formation. In this nanomatrix-dispersed natural rubber, the natural rubber particles are dispersed in a matrix 1-100 nm thick formed by the graft chains.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


天然ゴムラテックスにスチレンおよびメタクリル酸メチルを添加しグラフト共重合させることは公知である。しかしながら、原料の天然ゴムラテックス中に存在する非ゴム成分、および分散質として浮遊している天然ゴム粒子表面に存在する非ゴム成分が副反応を起こすことにより主にホモポリマーが生成し、グラフトポリマーを得ることは困難であった。



これに対して、天然ゴムラテックスからゴム固形分を回収し、固相およびトルエン溶液中で予めアニオン重合によりあらかじめ調製しておいたグラフト鎖をEne-反応により導入することも提案されている。しかしながら、Ene-反応を利用してもグラフト鎖の導入率は低く、グラフト効率は低いままであった。
また、天然ゴムラテックスから非ゴム成分を取り除き、スチレンをグラフト共重合する試みが行われており、脱蛋白質化した天然ゴムにモノマーをグラフト共重合した場合、グラフト効率は約60%になることが報告された。(特許文献1参照)



【特許文献1】
特開平6-329702号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、少量のグラフト鎖成分が形成する厚さ約1~100nmのマトリックスに天然ゴム粒子を分散したエラストマー、および当該エラストマーを硫黄または過酸化物で架橋した加硫物、ならびにこれらナノ分散天然ゴムの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
脱蛋白質化天然ゴム粒子表面にスチレン系モノマーがグラフトしたスチレン系モノマー単位の含有量が6.7~14.1重量%のグラフト化天然ゴムからなり、グラフト鎖により形成された厚さ1~100nmのグラフトスチレン連続相中に天然ゴム粒子が相分離した状態で分散したナノマトリックス分散天然ゴム薄膜。

【請求項2】
 
天然ゴム粒子の平均粒径が0.01~20μmであることを特徴とする請求項1に記載のナノマトリックス分散天然ゴム薄膜。

【請求項3】
 
天然ゴム粒子の窒素含有率が0.1重量%以下であることを特徴とする請求項1又は2に記載のナノマトリックス分散天然ゴム薄膜。

【請求項4】
 
ナノマトリックス分散天然ゴム薄膜が厚さ10~1000μmの薄膜であることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載のナノマトリックス分散天然ゴム薄膜。

【請求項5】
 
グラフト化天然ゴムが架橋されたものであることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載のナノマトリックス分散天然ゴム薄膜。

【請求項6】
 
天然ゴムラテックスを脱蛋白質化した後、水溶性ラジカル開始剤にてゴム粒子表面にラジカル活性点を導入した後、スチレン系モノマーを添加することにより天然ゴム粒子表面でグラフト共重合を行い、得られたラテックスを製膜することを特徴とする請求項1~5のいずれかに記載のナノマトリックス分散天然ゴム薄膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002322130thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close