Top > Search of Japanese Patents > FIBROUS SOLID CARBON AGGREGATE AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

FIBROUS SOLID CARBON AGGREGATE AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

Patent code P04A004586
File No. U2002P107
Posted date Aug 13, 2004
Application number P2002-328231
Publication number P2004-161521A
Patent number P3876313
Date of filing Nov 12, 2002
Date of publication of application Jun 10, 2004
Date of registration Nov 10, 2006
Inventor
  • (In Japanese)武笠 幸一
  • (In Japanese)綱渕 輝幸
  • (In Japanese)末岡 和久
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 北海道大学
Title FIBROUS SOLID CARBON AGGREGATE AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fibrous solid carbon aggregate in which the number of ultrafine graphite filaments is increased, and a method of manufacturing the same.
SOLUTION: Indefinite number of ultrafine graphite filaments 6 are grown on the surface of a carbonized fibrous body 8, in the inside of the fibrous body 8 and in a gap between the fibrous bodies 8.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の電界放出する電子銃などの針は、1本の形状になっていた。そのため使用途中で電子銃の針が破損すると、針の交換を余儀なくされていた。



炭素からなるナノチューブ状繊維の生成核となる例えば鉄などの金属を主成分とする金属基板に多数の貫通穴を形成し、その金属基板の表面ならびに貫通穴の周壁に、カーボンナノチューブ状繊維の被膜を形成したものを、電界放出電子源として用いることが提案されている(下記特許文献1参照)。またカーボンナノチューブ状繊維の製造方法については、下記特許文献2~4などに記載された提案がある。



【特許文献1】
特開2001-229806号公報



【特許文献2】
特開2000-203820号公報



【特許文献3】
特開2000-327317号公報



【特許文献4】
特開2001-48510号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば電界放出電子源(具体的には電子銃の針)、各種ガスの吸着材、電池の電極材、超微小緩衝材、超微小弾性体など広い技術分野で適用が可能な繊維状固体炭素集合体製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
繊維状体の表面、繊維状体の内部ならびに繊維状体と繊維状体の隙間に触媒微粒子を付着する工程と、
その触媒微粒子付きの繊維状体を無酸素の高温下で炭化水素ガスと接触させることにより、前記繊維状体を炭化するとともに、繊維状体の表面、繊維状体の内部ならびに繊維状体と繊維状体の隙間に無数の超微小グラファイトフィラメントを生成・成長させる工程と
を含むことを特徴とする繊維状固体炭素集合体の製造方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の繊維状固体炭素集合体の製造方法において、
前記グラファイトフィラメントを成長させた繊維状体にバインダーを混合または含浸してフィラメント集合層を形成する工程と、
そのフィラメント集合層の表面を研磨してグラファイトフィラメントを露出する工程と
を含むことを特徴とする繊維状固体炭素集合体の製造方法。

【請求項3】
 
繊維状体を炭化する工程と、
その炭化した繊維状体の表面、繊維状体の内部ならびに繊維状体と繊維状体の隙間に触媒微粒子を付着する工程と、
その触媒微粒子付きの繊維状体を高温下で炭化水素ガスと接触させることにより、炭化した繊維状体の内部ならびに繊維状体と繊維状体の隙間に無数の超微小グラファイトフィラメントを生成・成長させる工程と、
前記グラファイトフィラメントを成長させた繊維状体にバインダーを混合または含浸してフィラメント集合層を形成する工程と、
そのフィラメント集合層の表面を研磨してグラファイトフィラメントを露出する工程と
を含むことを特徴とする繊維状固体炭素集合体の製造方法。

【請求項4】
 
請求項2または3記載の繊維状固体炭素集合体の製造方法において、
前記フィラメント集合層を形成する工程でサポート部材上にフィラメント集合層を形成し、
そのフィラメント集合層の表面を研磨した後にサポート部材をフィラメント集合層から剥離する工程を含むことを特徴とする繊維状固体炭素集合体の製造方法。

【請求項5】
 
請求項4記載の繊維状固体炭素集合体の製造方法において、
前記サポート部材上に水溶性接着剤層を形成し、その水溶性接着剤層の上に前記フィラメント集合層を形成し、
前記サポート部材をフィラメント集合層から剥離する工程で、前記水溶性接着剤層を水で溶解してサポート部材をフィラメント集合層から剥離することを特徴とする繊維状固体炭素集合体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002328231thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close