Top > Search of Japanese Patents > AGENT FOR PROTECTING BIOHAZARD DUE TO IONIZING RADIATION AND PROTECTIVE METHOD USING THE SAME

AGENT FOR PROTECTING BIOHAZARD DUE TO IONIZING RADIATION AND PROTECTIVE METHOD USING THE SAME meetings

Patent code P04A004617
File No. NIRS-128
Posted date Aug 13, 2004
Application number P2001-284016
Publication number P2003-089634A
Patent number P4106430
Date of filing Sep 18, 2001
Date of publication of application Mar 28, 2003
Date of registration Apr 11, 2008
Inventor
  • (In Japanese)安藤 興一
  • (In Japanese)物部 真奈美
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title AGENT FOR PROTECTING BIOHAZARD DUE TO IONIZING RADIATION AND PROTECTIVE METHOD USING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new technological means which has high safety and is simple and can protect the biohazard due to ionizing radiation for a relatively long time and is applicable to humans.
SOLUTION: This agent for protecting the biohazard due to ionizing radiation comprises an alcoholic beverage as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電離放射線に被曝した場合に遺伝子障害あるいは致死などの生物障害が現れることが知られており、このような生物障害作用を防護するための方法がこれまでにも様々な観点より検討されている。



たとえば、具体的にも、電離放射線の生物障害作用の防護に関しては、これまでにも、鉛による防護や薬剤による防護方法が知られている。そこで、放射線の細胞障害はラジカル反応による間接作用がその約75%を占めると考えられていることから、これまでの放射線障害防護剤はラジカルスカベンジャーが主な防護剤であった。しかしながら、現在までに多くのラジカルスカベンジャーが放射線障害防護剤として検討されているが、実用的薬剤とはなっておらず、安全性や有効性の面で問題があるとされている。また近年航空機や宇宙進出により直接作用が主体の放射線に対する防護が重要となってきたが、直接作用の強い放射線に対する防護剤は副作用の強いものが多く、人に直接に適応でき生命に安全な方法はないに等しく、外部被曝や内部被曝を少なくするよう努力する以外に防護する方法がないのが実情であった。すなわち、人に対して直接適応することのできる安全な方策はなかった。



この出願の発明は以上のとおりの事情に鑑みてなされたものであって、安全性が高く、しかも簡便であって、比較的長い時間電離放射線の生物障害を防護することができ、かつ人に対しても適用することのできる新しい技術手段を提供することを課題としている。

Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は、X線やγ線、粒子線等の電離放射線による生物障害の防護剤とこれを用いた防護方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ビールを有効成分とすることを特徴とする炭素イオン線による生物障害の防護剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001284016thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close