Top > Search of Japanese Patents > DOUBLE EMULSION MICROCAPSULE FORMER

DOUBLE EMULSION MICROCAPSULE FORMER commons

Patent code P04P001215
File No. Y2002-P387
Posted date Oct 21, 2004
Application number P2003-027544
Publication number P2004-237177A
Patent number P4166590
Date of filing Feb 4, 2003
Date of publication of application Aug 26, 2004
Date of registration Aug 8, 2008
Inventor
  • (In Japanese)樋口 俊郎
  • (In Japanese)鳥居 徹
  • (In Japanese)西迫 貴志
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title DOUBLE EMULSION MICROCAPSULE FORMER commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a double emulsion microcapsule former which can simply and easily prepare various types of double emulsion microcapsules.
SOLUTION: The former is equipped with a double emulsion microcapsule formation chip 100 comprising a microchannel having formed therein a first intersection 107 at which a first continuous phase 101 and a first disperse phase 104 intersect with each other and a second intersection 113 at which a second disperse phase 108 and a second continuous phase 110 intersect with each other and which is situated downstream of the first intersection 107.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


本願発明者らは、エマルション・マイクロカプセルの生成方法及び装置について、既に下記特許文献1として、特許出願済みである。



【特許文献1】
WO02/068104A1 第6-7頁 図2

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ダブルエマルション・マイクロカプセル生成方法に係り、水溶液、油など親和性の低い複数の液体を用いた微小なマイクロスフェア、エマルション・マイクロカプセルを作製する技術に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1連続相(701)に対して第1分散相(704)が交差する第1の交差部(707)とその下流の第2分散相(708)と第2連続相(710)とが交差する第2の交差部(713)とを有するマイクロチャネルからなるダブルエマルション・マイクロカプセル生成チップ(700)を具備するダブルエマルション・マイクロカプセル生成装置であって、前記第1連続相(701)の経路には第1の流量可変ポンプ(723)を接続し、前記第1分散相(704)の経路には第2の流量可変ポンプ(724)を接続し、前記第2連続相(710)の経路には第3の流量可変ポンプ(725)を接続し、前記第1及び第2の交差部(707,713)には粒子径・生成数の測定装置(726,727)を備え、該測定装置(726,727)からの情報に基づいて予め設定された所定の粒子径・生成数になるように、前記第1の流量可変ポンプ(723)、前記第2の流量可変ポンプ(724)及び前記第3の流量可変ポンプ(725)とを制御することを特徴とするダブルエマルション・マイクロカプセル生成装置。

【請求項2】
 
第1連続相(801)に対して第1分散相(804)が交差する第1の交差部(807)とその下流に前記第1連続相(801)の一部が排出される排出口(811)を有する経路を備え、前記第1連続相(801)の一部を分岐する第2の交差部(809)と該第2の交差部(809)からの分散相と第2連続相(812)が交差する第3の交差部(815)とを有するマイクロチャネルからなるダブルエマルション・マイクロカプセル生成チップ(800)を具備するダブルエマルション・マイクロカプセル生成装置であって、前記第1連続相(801)の経路には第1の流量可変ポンプ(823)を接続し、前記第1分散相(804)の経路には第2の流量可変ポンプ(824)を接続し、前記排出口(811)を有する経路には流量可変バルブ(828)を接続し、前記第2連続相(812)の経路には第3の流量可変ポンプ(825)を接続し、前記第1及び第3の交差部(807,815)には粒子径・生成数の測定装置(826,827)を備え、該測定装置(826,827)からの情報に基づいて予め設定された所定の粒子径・生成数になるように、前記第1の流量可変ポンプ(823)、前記第2の流量可変ポンプ(824)、前記流量可変バルブ(828)及び前記第3の流量可変ポンプ(825)とを制御することを特徴とするダブルエマルション・マイクロカプセル生成装置。

【請求項3】
 
第1連続相に対して分散相が交差する交差部と、その下流の更なる分散相と第2連続相とが交差する更なる交差部とを有するマイクロチャネルからなるダブルエマルション・マイクロカプセル生成装置において、
第1連続相(401)に対して第1分散相(404)が交差する第1の交差部(407)と、該第1の交差部(407)の下流で前記第1連続相(401)の一部を排出する経路(411)が形成される第2の交差部(410)とを有し、その下流の排出されない第2分散相(408A)に第2連続相(415)が交差する第3の交差部(418)とを有するマイクロチャネルからなるダブルエマルション・マイクロカプセル生成チップ(400)を具備することを特徴とするダブルエマルション・マイクロカプセル生成装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003027544thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close