Top > Search of Japanese Patents > RADIATION POSITION DETECTOR OPERABLE IN STRONG MAGNETIC FIELD

RADIATION POSITION DETECTOR OPERABLE IN STRONG MAGNETIC FIELD

Patent code P04A004704
File No. NIRS-158
Posted date Oct 21, 2004
Application number P2003-014880
Publication number P2004-226256A
Patent number P3950964
Date of filing Jan 23, 2003
Date of publication of application Aug 12, 2004
Date of registration May 11, 2007
Inventor
  • (In Japanese)山本 誠一
  • (In Japanese)村山 秀雄
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title RADIATION POSITION DETECTOR OPERABLE IN STRONG MAGNETIC FIELD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a radiation position detector operable in a strong magnetic field, which can perform the normal operation, even installed in the strong magnetic field.
SOLUTION: The radiation position detector operable in the strong magnetic field includes a multi-layer scintillator, in which two or more scintillator cells are joined in a plane and are stacked into two or more layers, and a photodetector element which is connected to the bottom surface of each scintillator cell of the multi-layer scintillator, in which the bottom surface of each scintillator cell is connected to the photodetector element via an optical fiber.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、シンチレーション放射線検出器において放射線の深さ位置検出機能および放射線吸収エネルギー選別機能を持たせた放射線位置検出器に関するものとして、放射線の3次元位置検出器があった(例えば、特許文献1参照)。
しかしこの検出器は、受光素子が各シンチレータ・セルに直接光学結合されているため、強磁場内では正常な動作をしない。これは受光素子内で光子から変換した光電子が磁場の作用で軌道を変えられるためである。従って、検出器全体としての放射線の位置及びエネルギーの分解能特性が損なわれる。
図5は、従来型放射線位置検出器の例であり、図6は、従来型放射線位置検出器の4つの受光素子で受け取る光の分配率を示す二次元分布図で、各シンチレータ・セルに対応する区域を形成する。



【特許文献1】
特開平1-229995号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、強磁場内に置かれた場合にも、放射線の位置を正確に検出し、かつ放射線吸収エネルギー量を正確に弁別する機能を持たせた強磁場内作動型放射線位置検出器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2個以上のシンチレータ・セルを平面的に接合し、これを2段以上層状に重ねた多層シンチレータブロックと、この多層シンチレータブロックの最下層の各シンチレータ・セルの底面に光ファイバーを介して接続された受光素子を含強磁場内作動型放射線位置検出器を用いて構成されたPET装置において、該多層シンチレータブロックを、その側面を隣接させてリング状に配列し、かつ各シンチレータ・セルの底面が該リングの軸と直交するように配列してなるPET装置。

【請求項2】
 
多層シンチレータブロックが、縦方向に2~3個、横方向に2~3個のシンチレータ・セルを平面的に接合し、それを2~5段層状に重ねたものである請求項1記載のPET装置。

【請求項3】
 
多層シンチレータブロックが、縦方向に2個、横方向に2個のシンチレータ・セルを平面的に接合し、それを2~5段層状に重ねたものである請求項1記載のPET装置。

【請求項4】
 
多層シンチレータブロックが、縦方向に2個、横方向に2個のシンチレータ・セルを平面的に接合し、それを2段層状に重ねたものである請求項1記載のPET装置。

【請求項5】
 
シンチレータが、セリウムをドープしたLu2SiO5単結晶である請求項1~4のいずれか1項記載のPET装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003014880thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close