Top > Search of Japanese Patents > IONIZING RADIATION PROTECTING AGENT

IONIZING RADIATION PROTECTING AGENT

Patent code P04A004705
File No. NIRS-163
Posted date Oct 21, 2004
Application number P2003-006432
Publication number P2004-217561A
Patent number P4269048
Date of filing Jan 14, 2003
Date of publication of application Aug 5, 2004
Date of registration Mar 6, 2009
Inventor
  • (In Japanese)物部 真奈美
  • (In Japanese)安藤 興一
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
Title IONIZING RADIATION PROTECTING AGENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a protecting agent which protects life from a biological damage, such as a gen damage or death, caused by an ionizing radiation.
SOLUTION: Pseudouridine is used as an active principle to protect life from a biological damage caused by an ionizing radiation (including a high LET (linear energy transfer) radiation).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


電離放射線に被曝した場合に遺伝子障害あるいは致死などの生物障害が現れることが知られており、このような生物障害作用を防護するための方法がこれまでにも様々な観点により検討されている。



例えば、具体的にも、電離放射線の生物障害作用の防護に関しては、これまでにも、鉛による防護や薬剤による防護方法が知られている。放射線の細胞障害はラジカル反応による間接作用が約75%を占めると考えられていることから、これまでの放射線防護剤はラジカルスカベンジャーが主な防護剤であった。

Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は、X線やγ線、粒子線等の電離放射線による生物障害の防護剤に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シュードウリジンを有効成分として電離放射線による生物障害を防護することを特徴とする電離放射線防護剤。

【請求項2】
 
血液中濃度が0.1mM以上となるようにシュードウリジンが投与されるようにした、請求項1の電離放射線防護剤。

【請求項3】
 
血液中濃度が1.6mM以上となるようにシュードウリジンが投与されるようにした、請求項1の電離放射線防護剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003006432thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close