Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING MONOQUINONE COMPOUND

METHOD FOR PRODUCING MONOQUINONE COMPOUND

Patent code P04A004714
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2000-058166
Publication number P2001-238689A
Patent number P3401471
Date of filing Mar 3, 2000
Date of publication of application Sep 4, 2001
Date of registration Feb 21, 2003
Inventor
  • (In Japanese)小野 裕嗣
  • (In Japanese)吉田 充
  • (In Japanese)忠田 ▲吉▼弘
  • (In Japanese)森 美子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR PRODUCING MONOQUINONE COMPOUND
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for efficiently producing a monoquinone compound taking advantage of the enzymatic reaction using a bisphenol as a raw material to decrease a bisphenol that is an environmental pollutant.
SOLUTION: A method for producing a monoquinone shown by general formula (2), wherein an oxygen is made to act on a bisphenol compound of general formula (1) in the presence of oxygenase.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


酸化試薬フレミー塩によって下記の式(3)で表されるビスフェノールAを酸化すると、式(4)で表されるモノキノン化合物の1種が低収率で生成することは知られている。【化3】【化4】しかしながら、この反応は、有機溶媒を使用すること、試薬が爆発性を有すること等の理由から、工業的に不利であり、環境に対する負荷も大きいという問題がある。また、反応制御が困難で、酸化の進みすぎた式(5)で表されるビスキノン化合物の生成が避けられないという問題も抱えている。【化5】モノキノン化合物は、その他の一般的な酸化試薬によっても合成することが可能であると考えられる。しかし、フレミー塩による結果から、ビスキノン化合物の副生を避けてモノキノン化合物のみを製造することは、試薬の量を変えたり、極めて精密な反応制御をもってしても困難であると考えられる。

Field of industrial application (In Japanese)


モノキノン化合物の製造方法、詳しくは化学工業、食品産業、環境関連産業などの分野において有用なビスフェノール類を酸化してモノキノン化合物を製造する方法

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式(1)で表されるビスフェノール化合物に、ポリフェノールオキシダーゼの存在下、酸素を作用させることを特徴とする一般式(2)で表されるモノキノン化合物の製造方法。
【化1】
 (式中、R1およびR2は低級アルキル基を示す。)
【化2】
 (式中、R1およびR2は低級アルキル基を示す。)

【請求項2】
 
環境ホルモン物質であるビスフェノール類を、請求項1記載の方法を利用して低減化する方法。
IPC(International Patent Classification)
  • C12P  7/66    ZAB
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08263_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close