Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MEASURING INFLUENT GRAIN WEIGHT INTO COMBINE TANK AND DEVICE THEREFOR

METHOD FOR MEASURING INFLUENT GRAIN WEIGHT INTO COMBINE TANK AND DEVICE THEREFOR

Patent code P04A004813
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2001-189704
Publication number P2003-000047A
Patent number P3554823
Date of filing Jun 22, 2001
Date of publication of application Jan 7, 2003
Date of registration May 21, 2004
Inventor
  • (In Japanese)帖佐 直
  • (In Japanese)柴田 洋一
  • (In Japanese)大嶺 政朗
  • (In Japanese)小林 恭
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR MEASURING INFLUENT GRAIN WEIGHT INTO COMBINE TANK AND DEVICE THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for measuring influent grain weight into a combine tank in surroundings of a combine harvester and the like affected by dust and vibration, and to provide a device for measuring the weight.
SOLUTION: This method for measuring influent grain is (1) a method for measuring influent grain weight into a combine tank, parallelly monitoring influent grain into a grain tank 2 by a continuous grain flux sensor 4 and intermittent weight change in harvesting work with a combine harvester 1 or (2) a method for measuring influent grain weight into a tank of a combine harvester, parallelly monitoring influent grain and intermittent change of grain mass into a grain tank 2 and reflecting the result of intermittent measurement on deciding the calibration line of continuous measurement. (3) The device for measuring influent grain in the combine tank has the mechanism of setting a load cell in a grain tank 2 of a combine harvester and estimating total weight in the tank 2 with the load cell 6 to measure the yield amount by the combine harvester 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


コンバインにおける収量モニタは、衝突板や光学式センサによる穀粒の流量計測について、古くから検討され一部は実用化されている。しかし、振動や粉塵の影響を受ける環境では、精度が劣る。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えばコンバインのように、粉塵や振動の影響を受ける環境下における、コンバインタンクの流入穀量の計測法及び装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コンバインによる収穫作業において、収穫作業中に穀粒タンクに流入する穀粒連続的に計測する穀粒流量計測手段と、機体の停止中、または機体の旋回・移動中のような穀粒タンクに穀粒が流入しないときにタンク内の穀粒の総質量を間欠的に計測するタンク内穀粒総質量計測手段とを並して、収量をモニタリングすることを特徴とするコンバインタンクの流入穀量の計測法。

【請求項2】
 
コンバインによる収穫作業において、収穫作業中に穀粒タンクに流入する穀粒連続的に計測する穀粒流量計測手段と、機体の停止中、または機体の旋回・移動中のような穀粒タンク内の穀粒量が変化しないときにタンク内の穀粒の総質量を間欠的に計測するタンク内穀粒総質量計測手段とにより並列に計測し、タンク内穀粒総質量計測手段とによる計測の結果を、穀粒流量計測手段の検出出力を穀粒流量に変換する較正直線の決定に反映させることを特徴とするコンバインタンクの流入穀量の計測法。

【請求項3】
 
コンバインの穀粒タンク内部に、タンクに流入する穀粒を連続して計測する穀粒流量センサと、タンク内の穀粒の充填量によって変化する圧力からタンク内の穀粒の総質量を間欠的に測定するロードセルを取り付け、このロードセルの測定値により穀粒流量センサの測定値を補正してコンバインによる収量を計測することを特徴とするコンバインタンクの流入穀量の計測装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001189704thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close