Top > Search of Japanese Patents > STIRRING AERATION DEVICE

STIRRING AERATION DEVICE

Patent code P04A004843
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2001-300799
Publication number P2003-103290A
Patent number P3799418
Date of filing Sep 28, 2001
Date of publication of application Apr 8, 2003
Date of registration May 12, 2006
Inventor
  • (In Japanese)奥山 武彦
  • (In Japanese)小綿 寿志
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title STIRRING AERATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress the power energy required in stirring aeration treatment.
SOLUTION: The stirring aeration device 10 is equipped with the cylindrical body 22 inserted in a treatment tank 12 from an insertion port 13 to be immersed in a treatment liquid and the spiral blade 25 which is arranged in the cylindrical body 22 in a rotatable manner and to which the rotary drive force from a motor 21 is transmitted while decelerated by a speed reducer 26. Opening parts 22A and 22B are formed to the upper and lower ends of the cylindrical body 22 and an air supply port 30 is provided in the vicinity of the upper end opening part 22A. When air is sent into the air supply port 30 from the outside, air is guided into the cylindrical body 22. When the spiral blade 25 is rotationally driven by the motor 21, a liquid to be treated is stirred from the upper end side of the cylindrical body 22 toward the lower end side thereof and aerated by air to be sent out.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


家畜から排泄される糞尿液は肥料として用いられるが、これら糞尿液は処理槽に貯留され、槽内で撹拌処理および曝気処理が行われる。家畜の糞尿液は撹拌を行うことによって流動性が高まるので、バキュームカーなどに吸引して輸送・散布することが容易となる。また、家畜の糞尿液は空気と接触させて曝気することによって悪臭の発生が低減されることが知られている。従来の撹拌および曝気処理を行う装置として、図6の(A)ないし(C)に示すものが知られている。



図6の(A)に示すものは、貯留槽2の底に散気管3を設置してコンプレッサ4で加圧した空気を送り込む方式(散気管方式)で、図6の(B)に示すものは、貯留槽3の底近くに外部からエアを吸引可能なエゼクタポンプ5を配置するようにしたものである。また、図6の(C)に示すものは、貯留槽2の糞尿液中に没した撹拌機6の回転羽根7を高速回転させ撹拌機6の中に発生する負圧を利用して糞尿液の外から吸気管8を介して空気を吸引し、撹拌と合わせて糞尿液の曝気を行う装置(特開平9-225490号公報参照)である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、処理槽内の処理液を撹拌するとともに曝気処理する撹拌曝気装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
挿入口から処理槽内に挿入され槽内の処理液を撹拌するとともに曝気を行う撹拌曝気装置において、上下が開口され処理液内に浸漬可能な筒体と、この筒体内に回転可能に配置され外部からの回転駆動力により処理液を撹拌しながら送り出す螺旋羽根とを設けるとともに、この筒体の一方の開口部近傍には、外部から送り込まれるエアを筒体内に導くエア供給口を設け、筒体が固定されたシャーシと、このシャーシを筒体の軸方向に進退動可能に支持する架台と、この架台を挿入口縁で揺動可能に支持する基台と、両端がそれぞれ基台と架台とに枢着されるとともに伸縮して上記架台を所望の角度に傾斜させて支持する支持アームとを備えて構成したことを特徴とする撹拌曝気装置。

【請求項2】
 
架台には、上端から突出してシャーシの移動距離を延長し筒体を処理液上方に引き上げ可能な延長部が設けられることを特徴とする請求項1に記載の撹拌曝気装置。

【請求項3】
 
シャーシと架台との間には転動部材を介在させるとともに、一端がシャーシに連結されたロープを巻き取り可能な巻き取り機を設けたことを特徴とする請求項1または2に記載の撹拌曝気装置。

【請求項4】
 
シャーシの上部には、螺旋羽根の回転軸に減速機を介して連結されるモータを取り付けたことを特徴とする請求項1ないし3のうちいずれか1に記載の撹拌曝気装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001300799thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close