Top > Search of Japanese Patents > WASTEWATER DECOLORING METHOD AND APPARATUS THEREFOR

WASTEWATER DECOLORING METHOD AND APPARATUS THEREFOR

Patent code P04A004846
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2001-303395
Publication number P2003-103280A
Patent number P3477187
Date of filing Sep 28, 2001
Date of publication of application Apr 8, 2003
Date of registration Sep 26, 2003
Inventor
  • (In Japanese)陳 昌淑
  • (In Japanese)田中 康男
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title WASTEWATER DECOLORING METHOD AND APPARATUS THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensive decoloring technique for colored wastewater by utilizing a simple method using sulfur.
SOLUTION: Inflow water is introduced into a reaction tank 1, which houses a filter medium 2 filled with sulfur or a mixed particulate material of sulfur and calcium carbonate, after the pH thereof is adjusted to 8-9 or as it is. Air is passed through a filler comprising the mixed particulate material of sulfur and calcium carbonate in an ascending flow state at least under a condition of 1.0 m3/m3min so as to directly come into contact with the filler to bring about aerobic sulfur oxidizing condition due to sulfur oxidizing bacteria under an aerobic condition and a color component is oxidized and decomposed to be decolored. A pH meter 8 and a stirrer 9 are provided in order to adjust the pH of inflow water in this apparatus and a pH adjusting tank 7 is further provided through a storage tank 10 and a supply pipe 11 so as to automatically supply an acid or alkali to adjust the inflow water to predetermined pH. Decolored discharge water 5 is discharged after adjusted in pH if necessary.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


高濃度有機排水である畜舎排水は、種々な処理により汚濁成分を除去しても、排水に占める有機物から生成されたフミン質由来の茶褐色を呈する着色成分を除去できない場合が多い。色の着いた処理水は視覚的に汚れて見え、放流の際に問題となることが多い。最近、排水の色についての関心が高まり、規制を設けようとする動きがあり、畜舎排水も今後は脱色処理が求められるようになる懸念がある。
ところで、畜舎排水を始めとする着色排水の脱色技術には、凝集沈澱法(特開2000-246013号公報、同2000-153280号公報、同平7-299474号公報、同平7-299475号公報、同平11-239795号公報など)、イオン交換処理法(特開平6-304403号公報)、酸化分解法(特開2000-153286号公報、同2000-263049号公報、特開平7-299472号公報など)、紫外線照射法(特開平11-114585号公報)、過酸化水素添加紫外線照射法(特開平10-085771号公報、特開平11-090462号公報など)、膜濾過法(特開平11-010142号公報;水道公論1996年4号、86-89頁)、土壌吸着法(特開平10-156347号公報、特開平10-204446号公報など)、活性炭吸着法(特開平9―248562号公報、特開2000―026114号公報など)、オゾン注入法(特開2001-038344号公報、同2000-051876号公報、特開平8-052482号公報、特開平8-024898号公報など)等の手段がある。
このうち、凝集沈殿法は、無機凝集剤であるアルミニウム塩類(硫酸アルミニウム、アルミン酸ナトリウム、塩基性塩化アルミニウム)、鉄塩類(硫酸第1鉄、硫酸第2鉄、塩化第2鉄、塩素化コッパラス)及び有機高分子凝集剤(陰イオン性ポリマー、陽イオン性ポリマー、非イオン性ポリマーなど)を排水に添加し、色成分を凝集させて除去する手法である。この手段は凝集性の乏しい低分子の呈色物質に対してはは適用できない。
イオン交換処理法は、イオン交換樹脂に色度を有する不純物を吸着させて色を除去する方法である。この方法は吸着が進むと、不純物が濃縮されて濃厚な再生廃液が発生するので廃液の処理も考えなければならない。
また、酸化分解法は、色度原因物質を酸化剤である過酸化水素、次亜塩素酸などを投入して分解又は電気分解して色度を低減させる手法である。最近では、オゾンを注入する方法も用いられている。しかしながら、これらの方法は薬品費などの処理コストが嵩み、また電力消費コストも高いという問題を抱えている。
更に、紫外線照射法、オゾン又は過酸化水素添加紫外線照射法も広い意味では酸化分解法であり、前述の酸化分解法と同様に、薬品処理コスト、電力消費コストが高いという問題を有する。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、用水(排水等を含む。以下「排水」と単に記す。)の脱色方法及びその装置に関し、詳しくは、好気条件下における硫黄酸化反応を利用し、排水に含有する呈色成分(有機物から生成されたフミン質由来の難分解性成分)を脱色する脱色方法および装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
硫黄又は硫黄と炭酸カルシウムとの混合物を充填した反応槽に着色した排水を導入するに際し、該着色排水の流入水pHを8.0-9.0に保持し、曝気を施し、更に好気条件において硫黄酸化反応を生じさせて、該着色排水を脱色することからなる排水の脱色方法。

【請求項2】
 
生物処理を経た着色排水又は生物処理と硝化脱窒処理とを経た着色排水を脱色処理する請求項1に記載の排水の脱色方法。

【請求項3】
 
硫黄の粒状体又は硫黄と炭酸カルシウムとの混合物からなる粒状体を充填してなる反応槽と、曝気装置と、処理水のpHに応じて通気量を制御する手段と、pH調整手段と、着色した排水を該反応槽に導入する手段、及び脱色した処理水を導出する手段とを備えてなる排水の脱色装置。

【請求項4】
 
硫黄の粒状体又は硫黄と炭酸カルシウムを含む混合物粒状体からなる硫黄含有濾材床を反応槽内に形成してなる請求項3に記載の排水の脱色装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001303395thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close