Top > Search of Japanese Patents > SYSTEM FOR CONTROLLING APPLICATION OF AGROCHEMICALS OR FERTILIZER

SYSTEM FOR CONTROLLING APPLICATION OF AGROCHEMICALS OR FERTILIZER

Patent code P04A004851
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2000-109323
Publication number P2001-292684A
Patent number P3374178
Date of filing Apr 11, 2000
Date of publication of application Oct 23, 2001
Date of registration Nov 29, 2002
Inventor
  • (In Japanese)奥野 林太郎
  • (In Japanese)柴田 洋一
  • (In Japanese)石田 茂樹
  • (In Japanese)八谷 満
  • (In Japanese)山縣 真人
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title SYSTEM FOR CONTROLLING APPLICATION OF AGROCHEMICALS OR FERTILIZER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To realize a reduction in agrochemicals or a fertilizer by accurately recognizing the positions of crops, calculating the present positions of the crops from the traveling speed, etc., of a car body, performing operations to open or close a solenoid valve and applying the chemical or fertilizer from an application nozzle only to the intrarow spacing or only to the crops or weeds.
SOLUTION: This system for controlling the application of the agrochemicals or fertilizer comprises a mobile carriage 1 moving along a crop cultivation ridge row and equipped with a machine vision 6 for successively taking a picture of a prescribed range of the crop cultivation ridge row in the front position according to the movement of the mobile carriage 1, a computer 8 for processing an image picked up with the machine vision 6 and recognizing the positions of the crops, the application nozzle 13 for applying the chemical or fertilizer through a solenoid valve 12 and a computer 9 for controlling the application capable of calculating the present positions of the crops from the positional information about the crops fed from the computer 8 for the image processing and the traveling speed measured with wheels 4 of the car body and performing the operations to open or close the solenoid valve 12 and is capable of applying the chemical or fertilizer only to the intrarow spacing or only to the crops or weeds.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、農業機械化分野において、各種のセンサ、ビデオカメラ、コンピュータなどを用いて各種の作業を自動化する研究、開発、実用化が進んでいる。

Field of industrial application (In Japanese)


マシンビジョンにより作物栽培畝列の所定範囲を撮影してその画像を画像処理用コンピュータにより処理し、作物の位置を認識して散布制御用コンピュータに送り、ここで車体移動速度などから作物の現在位置を割り出し、電磁弁を開閉作動させて散布ノズルから薬剤あるいは肥料を株間のみ、作物のみ、あるいは雑草のみに散布するようにした農薬・肥料散布制御システム

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
作物栽培畝列に沿って移動する駆動輪としての1輪の前輪(3)及び2輪の後輪(4)を備える移動台車(1)に、最前部に設けられて移動台車(1)の移動とともに作物栽培畝列の所定範囲を順次撮影するマシンビジョン(6)と、該マシンビジョン(6)により撮影された画像をデコーダ(7)を介して処理して作物の位置を認識する画像処理用コンピュータ(8)と、後端位置において電磁弁(12)を介して薬剤あるいは肥料を散布する散布ノズル(13)と、画像処理用コンピュータ(8)から送られてくる作物の画像中の座標情報を車体の位置センサ(15)より測定された車両位置及び移動速度情報より補正して作物の現在位置を割り出して更新し、前記電磁弁(12)を開閉作動させる散布制御用コンピュータ(9)とを備え、株間のみ、作物のみ、あるいは雑草のみに薬剤あるいは肥料を散布することを特徴とする農薬・肥料散布制御システム。

【請求項2】
 
画像処理用コンピュータ(8)と散布制御用コンピュータ(9)間のデータの転送は、イーサーネットボードを用いたネットワーク(17)を介して、作物数、画像撮影時刻、入力画像内における各作物の重心位置の座標、各作物の大きさについて行い、計測と制御を分離することを特徴とする請求項1記載の農薬・肥料散布制御システム。

【請求項3】
 
散布制御用コンピュータ(9)は、イーサーネットボードを用いたネットワーク(17)を介して画像処理用コンピュータ(8)から送られてくる作物の画像中の座標情報を車体の位置センサ(15)より測定された車両位置及び移動速度情報より補正して作物の現在位置を割り出して更新し、メモリ上に散布テーブルを作成し、該テーブルに従い、車輪(4)の回転から現在位置を監視しながらリレー(19)を介して電磁弁(12)を開閉作動させることを特徴とする請求項1又は2記載の農薬・肥料散布制御システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08396_02SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close