Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR TREATING WASTEWATER

METHOD AND APPARATUS FOR TREATING WASTEWATER

Patent code P04A004865
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2000-312963
Publication number P2002-119993A
Patent number P3477161
Date of filing Oct 13, 2000
Date of publication of application Apr 23, 2002
Date of registration Sep 26, 2003
Inventor
  • (In Japanese)陳 昌淑
  • (In Japanese)田中 康男
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD AND APPARATUS FOR TREATING WASTEWATER
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a single tank treatment method and an apparatus therefor excellent in space saving and energy saving properties and capable of performing denitrification and discoloration at the same time.

SOLUTION: Wastewater is supplied to the space between an aerobic nitration part 2 formed to the upper part of a tank and a decoloration/denitrification part 4 having sulfur and alkali components and formed to the lower part of the tank. Treated water is circulated from the aerobic nitration part 2 to the decoloration/denitrification part 4 in a predetermined circulating ratio while the pH in the tank is held to 7.6 or more and, in an ascending flow state, the treatment of wastewater low in BOD/T-N ratio, especially, denitrification/ decoloration thereof is performed.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)高濃度有機排水である畜産排水は、BOD成分に比し窒素分(アンモニア態窒素)が多く、生物学脱窒に必要な電子供与体が不足し、窒素除去が不完全になりやすい。また、この排水はフミン質由来の着色成分を有し、このような排水の処理、特に、窒素除去および脱色は畜産排水処理における大きな課題となっている。従来から、硝酸態窒素成分を含む排水の脱窒のために有機物ではなく、硫黄を脱窒の電子供与体として利用する独立栄養細菌であるThiobacillus denitrificans(硫黄酸化細菌の1種)を用いた脱窒が試みられている。これらは排水を硝化槽で一旦硝化し、窒素分を硝酸態窒素に変換した後に別の槽で硫黄脱窒を行うので、装置が大がかりとなり、また、アンモニアを硝酸にまで硝化するためのエネルギーも大きい。一方、単槽内に好気硝化床と嫌気脱窒床を形成し、これらの間に処理水を上向流あるいは下向流で循環させつつ、通性嫌気性の従属栄養細菌による脱窒方法も提案されている。これらの方法においては、装置スペースは比較的小さくなるが、上述と同様、硝酸までの硝化に要するエネルギー消費が多く、また、前述のようなBOD/T-N比の低い排水の脱窒を行うにはメタノールなどの電子供与体の添加が不可欠で、この適正添加、注入量の制御が難しく、また、余剰メタノールの除去プロセスも必要になるという問題がある。更には、前述の硫黄酸化細菌による脱窒処理およびこの単槽硝化、脱窒処理に於いても排水の脱色は別途新たな脱色処理(活性炭吸着法あるいはオゾン酸化法など)を施す必要があり、装置スペースも大きくなり、また、処理コストも高い。
Field of industrial application (In Japanese)排水の処理方法および装置、詳しくは、色度が高くまたBOD成分に比し窒素分(アンモニア態窒素)が多い排水の処理、特に窒素除去および脱色処理技術
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 槽上部に形成した好気硝化部と、硫黄とアルカリ成分を有し槽下部に形成した脱色・脱窒部との間に排水を供給すると共に槽内のpHを7.6以上に維持しつつ、所定の循環比で処理水を前記好気硝化部から前記脱色・脱窒部に循環し、上向流で色度が高くBOD/T-N比の低い排水の処理を行うことを特徴とする排水処理方法。
【請求項2】
 前記脱色・脱窒部が硫黄と炭酸カルシウムからなる粒状体で形成された請求項1に記載の排水処理方法。
【請求項3】
 前記循環比を2以上4以下とした請求項1または2に記載の排水処理方法。
【請求項4】
 処理槽の上部に形成した固定濾材床と、下部に形成した硫黄とアルカリ成分を保持する硫黄含有濾材床と、前記固定濾材床の下方に設けられた曝気手段と、該曝気手段の下方で前記硫黄含有濾材床の上方に位置する排水供給手段と、処理槽の上部から底部に処理水を循環させる循環手段と、処理槽の上部に設けた処理水排出手段とからなり、上向流で色度が高くBOD/T-N比の低い排水の処理を行うことを特徴とする排水処理装置。
【請求項5】
 前記硫黄含有濾材床を、硫黄と炭酸カルシウムを含む粒状体から形成した請求項4に記載の排水処理装置。
【請求項6】
 前記固定濾材床と前記硫黄含有濾材床との間に浮遊濾材床を設けた請求項4または5に記載の排水処理装置。
【請求項7】
 前記固定濾材床が繊維編みチューブと不織布材からなり、前記浮遊濾材床が塊状ポリウレタンフォームからなる請求項6に記載の排水処理装置。
Industrial division
  • Hygienic facilities
  • High polymer
  • Microbial industry
  • Wastewater treatment
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08409_03SUM.gif
State of application right Right is in force


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close