Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND METHOD FOR CUTTING AND OPENING OUTER SKIN OF INSECT

APPARATUS AND METHOD FOR CUTTING AND OPENING OUTER SKIN OF INSECT

Patent code P04A004873
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2000-178184
Publication number P2001-352861A
Patent number P3336386
Date of filing Jun 14, 2000
Date of publication of application Dec 25, 2001
Date of registration Aug 9, 2002
Inventor
  • (In Japanese)小林 亨
  • (In Japanese)古田 要二
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title APPARATUS AND METHOD FOR CUTTING AND OPENING OUTER SKIN OF INSECT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To accurately cut and open and/or perforate only outer skin without damaging insect to be treated more than necessary.
SOLUTION: This apparatus is characterized by providing a placing table for fixing and retaining an insect to be treated and a position-detecting means for detecting the position of the insect retained on the above placing table and a laser irradiation means for irradiating the insect with infrared ray laser light and cutting and opening and/or perforating the outer skin of the insect retained on the above placing table by infrared ray laser light emitted from the above laser irradiation means.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に、生物工学の分野では、昆虫の外皮を切開及び/穿孔して、当該昆虫の体液等の内容物を取り出したり、穿孔部からバキュロウィルス等の組換えウィルスを感染させるような処置が施されている。特に、昆虫の中でも蚕は、古くから有用物質の産生宿主として使用されており、このような切開及び/又は穿孔処置が施されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば、蚕等の昆虫の外皮に対して切開及び/又は穿孔処理を施す昆虫外皮切開装置及び昆虫外皮切開方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
処置対象の昆虫を固定して保持する載置台と、
上記載置台に保持された昆虫に対して赤外線レーザー光を照射するレーザー照射手段と、
上記載置台を所定の方向に移動制御する移動手段と、
上記移動手段により移動する上記載置台の移動方向に対して、上記レーザー照射手段よりも前段側に配設されるとともに上記載置台に保持された昆虫の位置を検出する位置検出手段とを備え、
上記位置検出手段が検出した昆虫の位置信号を上記レーザー照射手段に入力するとともに、上記レーザー照射手段が上記位置信号に基づいて検知した昆虫に赤外線レーザー光を照射することによって、上記載置台に保持された昆虫の外皮を切開及び/又は穿孔することを特徴とする昆虫外皮切開装置。

【請求項2】
 
昆虫を保持するための負圧を発生させる負圧発生手段を有する、処置対象の昆虫を固定して保持する載置台と、
上記載置台に保持された昆虫に対して赤外線レーザー光を照射するレーザー照射手段とを備え、
上記負圧発生手段から生じた負圧により昆虫を上記載置台に保持することによって、当該昆虫を鉛直下方向に吊るした状態で、上記レーザー照射手段が当該昆虫に対して赤外線レーザー光を照射することによって、当該昆虫の外皮を切開及び/又は穿孔することを特徴とする昆虫外皮切開装置。

【請求項3】
 
処置対象の昆虫を載置台に保持し、
上記載置台に保持された昆虫の位置を検出し、当該昆虫の位置情報に基づいて検知した昆虫に赤外線レーザー光を照射することによって、当該昆虫の外皮を切開及び/又は穿孔することを特徴とする昆虫外皮切開方法。

【請求項4】
 
処置対象の昆虫に対して負圧を加えることにより当該昆虫を鉛直下方向に吊るした状態で載置台に保持し、鉛直下方向に吊るされた昆虫に対して赤外線レーザー光を正中線方向に照射することによって、当該昆虫の外皮を切開及び/又は穿孔することを特徴とする昆虫外皮切開方法。
IPC(International Patent Classification)
  • A01K 67/033   502
  • A01K 67/04       Silkworms
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2000178184thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close