Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DETECTING GLOSS IMAGE

METHOD FOR DETECTING GLOSS IMAGE

Patent code P04A004874
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2000-091547
Publication number P2001-281144A
Patent number P3306513
Date of filing Mar 29, 2000
Date of publication of application Oct 10, 2001
Date of registration May 17, 2002
Inventor
  • (In Japanese)土屋 広司
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR DETECTING GLOSS IMAGE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for detecting a gloss image capable of easily detecting a gloss image of an object.
SOLUTION: A gloss component is removed from a light image reflected from the object which has passed through a light isolator twice which is constituted of a linear polarizer 4 and a 1/4 wave plate 5, and the gloss component is included in the reflected-light image which has not passed through the light isolator. Thus, it is possible to extract only the gloss component of the object by performing subtraction treatment between these reflected-light images.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の茄子選別装置は特開平7-303863号公報に記載されている。同公報に記載の茄子選別装置は、茄子表面の光沢による反射光を防ぐため、偏光フィルタを介して茄子を照明すると共に、照明された茄子を偏光フィルタを透過して撮像している。撮像された茄子の画像から、赤色又は茶色化した欠陥部の面積、白色化した傷・虫害部の面積が算出され、この算出結果に基づいて茄子の良否或いは等級を判定している。このような表面光沢は、農作物ばかりでなく、通常の情報処理機器においても除去されている。特開平11-41514号公報は、直線偏光の光源を用い、レンズ前又は撮像素子前に装着した直線偏光素子の偏光面を変化させつつ撮影を行うことにより被写体表面での映り込みを防止した撮像装置を開示している。

Field of industrial application (In Japanese)


茄子やトマト等の農作物や人体の肌等の光沢性を有する対象物の光沢像を検出する光沢像検出方法

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  直線偏光子及び1/4波長板から構成される光アイソレータを介して対象物に照明光を照射し、その反射光像を前記光アイソレータを介して撮像する共に、前記光アイソレータを介さずに前記対象物に照明光を照射し、その反射光像を前記光アイソレータを介さずに撮像し、撮像された双方の前記反射光像間の減算処理を行うことによって前記対象物の光沢像を検出する光沢像検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08418_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close