Top > Search of Japanese Patents > ESTIMATION SCALE OF JAPANESE BLACK SPECIES FATTENING OX

ESTIMATION SCALE OF JAPANESE BLACK SPECIES FATTENING OX

Patent code P04A004956
Posted date Dec 7, 2004
Application number P2001-061814
Publication number P2002-262714A
Patent number P3401497
Date of filing Mar 6, 2001
Date of publication of application Sep 17, 2002
Date of registration Feb 21, 2003
Inventor
  • (In Japanese)三橋 忠由
  • (In Japanese)島田 和宏
  • (In Japanese)三津本 充
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title ESTIMATION SCALE OF JAPANESE BLACK SPECIES FATTENING OX
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To estimate body weight, nutritional requirement and amount of a supplied concentrated feed of a fattening ox by measuring the heart girth of the Japanese Black species fattening ox with an estimation scale such as a measuring tape.
SOLUTION: (1) The heart girth of the Japanese Black species fattening ox ranging from a fattening period at the age of 9 months to 28 months is measured by a tapelike scale and the body weight of the fattening ox is estimated from a regression equation indicating a significant correlation with the body weight and the nutritional requirement of the fattening ox determined from a function of the 0.75-th power of body weight is estimated. The amount of the supplied concentrated feed to the fattening ox calculated on the basis of the body weight is estimated from the energy to be supplied. (2) Scales 3 of the estimated body weight are marked at positions corresponding to scales 2 of the heart girth in a tapelike scale. (3) Scales 4 of the estimated nutritional requirement are marked at positions corresponding to the scales 2 of the heart girth. (4) Scales 5 of the estimated amount of supplied concentrated feed are marked at positions corresponding to the scales 2 of the heart girth. (5) The scales 3 of the estimated body weight, the scales 4 of the estimated nutritional requirement and the scales 5 of the estimated amount of the concentrated feed are marked together at positions corresponding to the scales 2 of the heart girth.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


神戸牛や前沢牛などのブランドで取り引きされる高級牛肉を生産している肉用牛品種は「黒毛和種」である。生産現場では、雄を去勢した去勢牛が肥育されている。栄養濃度を高くして成長を良好にし、適切な脂肪の蓄積を行うための”肥育”の開始は生後9か月齢から始まり(体重300kg)、28か月齢以降(体重700kg)まで、長いところでは33か月齢まで続く。肥育期間全体で、1頭当たりの飼料消費は3t以上になることから、肉牛の栄養要求量に沿った適切な飼料の量を無駄なく給与できるかが最終的には効率的肥育経営の要となる。
成長に必要な栄養要求量は体重から算出されるので体重を知ることが重要になるが、牛用の体重計は、設置地盤に大型の秤を収めるための穴を掘り、十分な強度を得るための工事を行うなど本体のみならずその設置にも費用がかかるため、ほとんどの生産現場では体重計は設置していない。このため、これまで肥育の現場で体重を知る手段はほとんど無かった。また、体重計があるとしても各牛を肥育牛舎から体重計まで移動させるのは容易ではない。
以上のように、肉用牛の生産現場にはほとんどの場合体重計はなく、肥育牛の成長具合は目視による推定からしか行えなかった。すなわち、給与すべき飼料の量は目視情報をもとに推定されていた。経済効率の良い肥育を行うには、牛の成長程度及び栄養要求量を的確かつ容易に推定する手段が必要である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、巻き尺のようなテープ状のスケールにより黒毛和種去勢肥育牛の胸囲を測定することにより、当該肥育牛の体重、栄養要求量、濃厚飼料給与量を推定できるようにした推定尺に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
肥育期間9か月齢から28か月齢の黒毛和種去勢肥育牛の胸囲をテープ状のスケールにより測定し、体重と高い有意の相関を示す回帰式から該肥育牛の体重を、または体重の0.75乗の関数から求められる該肥育牛の栄養要求量を、または給与すべきエネルギーを体重に基づいて算出される該肥育牛への濃厚飼料の給与量を、それぞれ推量することを特徴とする黒毛和種去勢肥育牛の推定尺。

【請求項2】
 
上記テープ状のスケールに、胸囲の目盛りに相当する位置に推定体重の目盛りを付したことを特徴とする請求項1記載の黒毛和種去勢肥育牛の推定尺。

【請求項3】
 
上記テープ状のスケールに、胸囲の目盛りに相当する位置に推定栄養要求量の目盛りを付したことを特徴とする請求項1記載の黒毛和種去勢肥育牛の推定尺。

【請求項4】
 
上記テープ状のスケールに、胸囲の目盛りに相当する位置に推定濃厚飼料給与量の目盛りを付したことを特徴とする請求項1記載の黒毛和種去勢肥育牛の推定尺。

【請求項5】
 
上記テープ状のスケールに、胸囲の目盛りに相当する位置に推定体重の目盛り、推定栄養要求量の目盛り、推定濃厚飼料給与量の目盛りを併記したことを特徴とする請求項1記載の黒毛和種去勢肥育牛の推定尺。
IPC(International Patent Classification)
  • A01K 67/00    501
  • G01B  3/10       flexible
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001061814thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close