Top > Search of Japanese Patents > MEASURING DEVICE

MEASURING DEVICE

Patent code P04A004965
Posted date Dec 7, 2004
Application number P2000-011906
Publication number P2001-201345A
Patent number P3348199
Date of filing Jan 20, 2000
Date of publication of application Jul 27, 2001
Date of registration Sep 13, 2002
Inventor
  • (In Japanese)吉永 育生
  • (In Japanese)中矢 哲郎
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title MEASURING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To facilitate measurement at a fixed depth.
SOLUTION: This measuring device 2 is provided with a bar 6 erectly inserted into the bottom section 4 of the waters 3 at the lower end and protruded on the water surface 5 at the upper end, upper and lower annular members 7A, 7B inserted with the bar 6 at a play and connected together via wires 8, 8 having the prescribed length, floats 10 connected to the upper annular member 7A via wires or cords 9, a storage case 12 connected to the lower annular member 7B via a wire or a cord 11, and a temperature sensor 13 stored in the storage case 12 and having a built-in logger recording the measured data with the elapse of time. The wires 8 are determined in length according to the predetermined depth D1 to be measured. The annular members 7A, 7B invariably follow the water surface and keep the fixed distance from the water surface, and the temperature sensor 13 is invariably held at the fixed depth D1 from the water surface.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、水域の定点において水温の測定を行う際には、水域内の固形物(土木構造物や計測用の保持部材)を利用して温度センサを固定し、底部からの距離を固定して測定していた。また、一定の水深における水温の測定を行う際には、作業者が船等に乗り込み、温度センサを紐等で水面下に吊り降ろし手作業で行っていた。

Field of industrial application (In Japanese)


水域における、例えば、水温などの水の特性を連続的に測定する測定装置

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下端が水域の底部に固定されこの下端から縦方向に延びるとともに上端が水面上に突出する棒状の静止部材と、この静止部材に上下動自在に遊嵌された水深保持部材と、この水深保持部材の上部に取り付けられこの水深保持部材を水面から一定の位置に保持する浮き体と、上記水深保持部材の上下方向の所定位置に取り付けられその水深における所定の特性を測定するセンサとを備えたことを特徴とする測定装置。

【請求項2】
 
センサは、測定されたデータを経時的に記録するロガー内蔵の水温センサから構成されることを特徴とする請求項1に記載の測定装置。

【請求項3】
 
水深保持部材は、上下方向の長さが調整可能に構成されることを特徴とする請求項1または2に記載の測定装置。

【請求項4】
 
浮き体は、水深保持部材の上部に長さを調整可能な接続部材を介して接続されることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1に記載の測定装置。

【請求項5】
 
センサは、水深保持部材の下部に長さを調整可能な接続部材を介して接続されることを特徴とする請求項1ないし4のいずれか1に記載の測定装置。

【請求項6】
 
静止部材の上部には、水深保持部材が静止部材から上方に離脱するのを防止する係止部材が設けられることを特徴とする請求項1ないし5のいずれか1に記載の測定装置。

【請求項7】
 
静止部材を、水域の底部に抜き差し可能な直立する棒状部材から構成し、水深保持部材をこの棒状部材に遊びを持たせて通した筒状部材から構成したことを特徴とする請求項1ないし6のいずれか1に記載の測定装置。

【請求項8】
 
水深保持部材を、棒状部材に遊びを持たせて通され上下に配置される環状部材とこれら上下の環状部材間を接続する針金とを備えて構成したことを特徴とする請求項7に記載の測定装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

08500_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close