Top > Search of Japanese Patents > LIQUID SAMPLE ANALYZING METHOD AND DEVICE USING NEAR- INFRARED SPECTROSCOPIC METHOD

LIQUID SAMPLE ANALYZING METHOD AND DEVICE USING NEAR- INFRARED SPECTROSCOPIC METHOD

Patent code P04A004967
Posted date Dec 7, 2004
Application number P2000-316331
Publication number P2002-122538A
Patent number P4054854
Date of filing Oct 17, 2000
Date of publication of application Apr 26, 2002
Date of registration Dec 21, 2007
Inventor
  • (In Japanese)河野 澄夫
  • (In Japanese)伊豫 知枝
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title LIQUID SAMPLE ANALYZING METHOD AND DEVICE USING NEAR- INFRARED SPECTROSCOPIC METHOD
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an analyzing method and device capable of simply but highly accurately analyzing the chemical components and physical and chemical characteristics of a liquid sample.

SOLUTION: A reference ceramic plate is irradiated via an optical fiber 7 with dispersed near-infrared light in the band of 700 nm-1100 nm from the slit of a near-infrared device 1 to measure the intensity of light transmitted through the ceramic plate, which is reference matter for spectrum measurement. A sample tube 4 in which a liquid sample controlled to a predetermined temperature by a water bath, etc., is inserted is housed in a housing part 5 instead of the ceramic plate, and the intensity of light transmitted through the liquid sample is measured by the similar procedure. What is called a near-infrared absorbance spectrum in which absorbance is plotted to wavelength is displayed on the screen of a computer 2, and information on each target characteristics is extracted from the spectral data through the use of a calibration curve.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)
近赤外光を用いて食品の糖度などを非破壊で測定する方法が従来から知られている。例えば、特開平11-44638号公報には、果物にハロゲンランプ等の白色光を照射し、透過光強度の波長に対する分布(透過光スペクトル)を測定し、これを分析することで果物の糖度を測定するという近赤外光の吸収分光手法が開示されている。
Field of industrial application (In Japanese)
本発明は、ホモジナイズしない生乳、野菜ジュース、食用油などの液状試料 の化学成分および理化学的特性(以下、目的特性と呼ぶ)を分析する近赤外分光法を用いた液状試料の分析法およびその装置に関する。
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  液状試料の化学成分または理化学的特性の検量線を作成し、分析対象の液状試料の近赤外吸収スペクトルを測定し、この測定値を前記検量線に代入することによって、前記液状試料の化学成分の濃度や理化学的特性を算出するようにした液状試料の分析法において、
前記検量線の作成は、検量線作成用の液状試料を入れた複数の同じ試験管を用意し、この試験管に波長700nm~1100nmの近赤外光を照射し、当該測定波長における検量線作成用の液状試料の透過光強度を測定し、また基準となるセラミックス板に波長700nm~1100nmの近赤外光を照射し、当該測定波長におけるセラミックス板の透過光強度を測定し、これら検量線作成用の液状試料の透過光強度とセラミックス板の透過光強度の比から波長700nm~1100nmにおける吸光度を算出し、この吸光度に基づいて波長に対して吸光度をプロットした近赤外吸収スペクトルを測定し、この近赤外吸収スペクトルから目的の化学成分または理化学的特性の検量線を作成し、
前記分析対象の液状試料の近赤外吸収スペクトルの測定は、前記検量線作成用の液状試料を入れた試験管と同一規格の試験管に分析対象の液状試料を入れ、この試験管に波長700nm~1100nmの近赤外光を照射し、当該測定波長における分析対象の液状試料の透過光強度を測定し、また基準となるセラミックス板に波長700nm~1100nmの近赤外光を照射し、当該測定波長におけるセラミックス板の透過光強度を測定し、これら分析対象の液状試料の透過光強度とセラミックス板の透過光強度の比から波長700nm~1100nmにおける吸光度を算出し、この吸光度に基づいて波長に対して吸光度をプロットした近赤外吸収スペクトルを測定することを特徴とする液状試料の分析法。
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

23031_01SUM.gif
State of application right Right is in force


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close