Top > Search of Japanese Patents > ADSORBENT MATERIAL FOR HARMFUL SUBSTANCE, HARMFUL SUBSTANCE DESORPTION PROCESS AND METHOD FOR QUANTITATIVE DETERMINATION OF ENDOCRINE DISRUPTOR

ADSORBENT MATERIAL FOR HARMFUL SUBSTANCE, HARMFUL SUBSTANCE DESORPTION PROCESS AND METHOD FOR QUANTITATIVE DETERMINATION OF ENDOCRINE DISRUPTOR

Patent code P04A005016
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2000-261197
Publication number P2002-066315A
Patent number P3430257
Date of filing Aug 30, 2000
Date of publication of application Mar 5, 2002
Date of registration May 23, 2003
Inventor
  • (In Japanese)加藤 弘
  • (In Japanese)塚田 益裕
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title ADSORBENT MATERIAL FOR HARMFUL SUBSTANCE, HARMFUL SUBSTANCE DESORPTION PROCESS AND METHOD FOR QUANTITATIVE DETERMINATION OF ENDOCRINE DISRUPTOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an adsorbent material which can be produced by an economical production process and can efficiently adsorbe harmful substance, to provide a harmful substance desorption process from the adsorbent material and further to provide a quantitative determination method of endocrine disruptors.
SOLUTION: This adsorbent material consists of an organic polymer which is capable of adsorbing at least one harmful substance selected from formaldehyde, methyl mercaptan, bisphenol, nonlylphenol, etc., and the organic polymer is at least one polymeric material selected from silk protein, wool keratin, cellulose and polyamide and also, preferably subjected to graft polymerization processing or chemical processing with an epoxy compound consisting essentially of an acrylic ester, methacrylic ester or glycerol polyglycidyl ether, each optionally containing a metal. By using the adsorbent material, adsorption/desorption of harmful substances and adsorption and quantitative determination of endocrine disruptors can be performed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、日常生活の場での悪臭を吸着・消臭して、快適で健康的な生活環境を維持しようとする動きが活発化し、有害物質を吸着するための素材として種々の吸着素材が製造され、利用されている。
悪臭成分としては、例えば、メチルメルカプタン、硫化水素若しくは硫化メチル等の硫黄化合物、アンモニア、メチルアミン、エチルアミン若しくはインドール等の窒素化合物、プロピオン酸、酪酸若しくは酢酸等の脂肪酸、ホルムアルデヒド、又はアセトアルデヒド等がある。有害物質には特有の臭い成分を含むものが多く、「悪臭防止法」では、生活環境を損なうおそれのある22種類の物質を特定悪臭物質として指定し、規制の対象としている。大気環境を劣悪化する汚染源には、その他に、浮遊粉塵、イオウ酸化物、一酸化炭素、窒素酸化物、アルデヒド等の自動車の排気ガスがあり、これらについても、規制の対象とされている。このような有害物質を吸着・分解するための各種素材が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、有害物質の吸着素材及び有害物質の脱着方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ホルムアルデヒド、メチルメルカプタン、酸化窒素、ビスフェノール、ノニルフェノール、テトラメチルブチルフェノール、及びフタル酸ビス2-エチルヘキサンから選ばれた少なくとも一種の有害物質を吸着することができる有機高分子からなる吸着素材であって、該有機高分子が昆虫由来の絹蛋白質、羊毛ケラチン、セルロース、及びポリアミドから選ばれた少なくとも一種であることを特徴とする有害物質の吸着素材。

【請求項2】
 
前記有機高分子が、金属を含有していてもよいメタクリル酸ベンジル、スチレン、メタクリル酸2-ヒドロキシエチル、メタクリルアミド、アクリル酸4-ヒドロキシブチル、メタクリル酸4-ヒドロキシブチル、アクリル酸メチル、アクリル酸エチル、若しくはメタクリル酸メチルのいずれかによりグラフト共重合されたものであるか、又はエポキシ化合物により共有結合されたものである請求項1記載の有害物質吸着素材。

【請求項3】
 
前記エポキシ化合物がグリセロールポリグリシジルエーテ、エチレングリコールジグリシジルエーテル、又はソルビトールポリグリシジルエーテルルを主成分とするものである請求項2記載の有害物質吸着素材。

【請求項4】
 
有害物質である硫化水素を吸着することができる有機高分子からなる吸着素材であって、該有機高分子が羊毛であり、この羊毛が金属を含有していてもよいメタクリル酸ベンジル、スチレン、メタクリル酸2-ヒドロキシエチル、メタクリルアミド、アクリル酸4-ヒドロキシブチル、メタクリル酸4-ヒドロキシブチル、アクリル酸メチル、アクリル酸エチル、若しくはメタクリル酸メチルのいずれかによりグラフト共重合されたものであるか、又はエポキシ化合物により共有結合されたものである有害物質吸着素材

【請求項5】
 
ホルムアルデヒド、イソ吉草酸、メチルメルカプタン、トリメチルアミン、アンモニア、酸化窒素、硫化水素、ビスフェノール、ノニルフェノール、テトラメチルブチルフェノール、及びフタル酸ビス2-エチルヘキサンから選ばれた少なくとも一種の有害物質を含む有機溶媒中に、昆虫由来の絹蛋白質、羊毛ケラチン、セルロース、及びポリアミドから選ばれた少なくとも一種の吸着素材を浸漬して該有害物質を吸着させた後、有害物質の吸着された吸着素材を取り出して乾燥させ、次いで、有機溶媒/水系の混合溶媒中に所定の時間浸漬し、吸着された有害物質を脱着させることを特徴とする有害物質の脱着方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08548_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close