Top > Search of Japanese Patents > AMMONIUM RESISTANT BACTERIUM WHICH REDUCES AMMONIAGENESIS IN COMPOSTING TREATMENT

AMMONIUM RESISTANT BACTERIUM WHICH REDUCES AMMONIAGENESIS IN COMPOSTING TREATMENT

Patent code P04A005024
Posted date Nov 29, 2004
Application number P1999-288516
Publication number P2001-103962A
Patent number P3295399
Date of filing Oct 8, 1999
Date of publication of application Apr 17, 2001
Date of registration Apr 5, 2002
Inventor
  • (In Japanese)黒田 和孝
  • (In Japanese)花島 大
  • (In Japanese)福本 泰之
  • (In Japanese)羽賀 清典
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
  • (In Japanese)黒田 和孝
  • (In Japanese)花島 大
  • (In Japanese)羽賀 清典
Title AMMONIUM RESISTANT BACTERIUM WHICH REDUCES AMMONIAGENESIS IN COMPOSTING TREATMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To restrain the generation of ammonia and perform composting processing with a only a small quantity of a bad smell by adding a specific strain at the start in composting.
SOLUTION: The strain selected from the group consisting of Bacillus sp. TAT105 strain (FERM P-17558) and Bacillus sp. TAT112 strain (FERM P-17559) is mixed with the excrement of animals and the mixture is processed under an aerobic condition. The above strain is preferably mixed in a density of 107-108 CFU/(gram determined by wet weight).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



家畜排泄物の堆肥化処理は、該排泄物のリサイクルを図るための主要な方法であり、広く行われている。しかし、上記堆肥化処理の過程では、極めて高濃度の悪臭が発生するため、近隣住民からの苦情の対象となることが多い。特に、アンモニアは高濃度で発生し、悪臭の主成分となる。また、アンモニアが発生すると、これに伴って堆肥中の全窒素量が減少することが考えられるため、堆肥の品質にとっても、アンモニアの発生は望ましくない。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、畜産環境対策における微生物の応用に関し、より詳細には、動物排泄物を用いる堆肥化処理においてアンモニアの発生を低減することのできる微生物及び該微生物の使用方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
バチルスsp. TAT105株(FERM P-17558)及びバチルスsp. TAT112株(FERM P-17559)からなる群より選択される菌株であって、以下の1~5の性質:
1.高温性細菌である
2.家畜排泄物に増殖し得る
3.アンモニウム態窒素に高い耐性を示す
4.高いアンモニウム資化能を有する
5.堆肥化処理においてアンモニア発生を抑制することができるを有する菌株。

【請求項2】
 
請求項1記載の菌株の培養物を有効成分として含む、動物排泄物の処理において使用するためのアンモニア発生抑制剤。

【請求項3】
 
動物排泄物に請求項1記載の菌株を混合し、該混合物を好気条件下で処理することによりアンモニアの発生を抑制することを特徴とする、堆肥の製造方法。

【請求項4】
 
前記菌株を107~108 CFU/g湿重の濃度で混合する請求項3記載の製造方法。

【請求項5】
 
動物排泄物に請求項1記載の菌株を作用させることを特徴とする、動物排泄物におけるアンモニアの発生を抑制する方法。

【請求項6】
 
前記菌株を107~108 CFU/g湿重の濃度で作用させる請求項5記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08556_10SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close