TOP > 国内特許検索 > 生体高分子/ポリアリルアミン複合体およびその製造方法

生体高分子/ポリアリルアミン複合体およびその製造方法

国内特許コード P04A005027
掲載日 2004年11月29日
出願番号 特願平11-077510
公開番号 特開2000-273264
登録番号 特許第3151665号
出願日 平成11年3月23日(1999.3.23)
公開日 平成12年10月3日(2000.10.3)
登録日 平成13年1月26日(2001.1.26)
発明者
  • 新居 孝之
  • 塚田 益裕
  • 日本 理都子
  • 早坂 昭二
出願人
  • 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長
発明の名称 生体高分子/ポリアリルアミン複合体およびその製造方法
発明の概要 【課題】 細胞の付着・増殖性に優れ、また成形性のよい生体高分子/ポリアリルアミン複合体およびその製造方法の提供。
【解決手段】 生体高分子と未中和のまたは中和したポリアリルアミンとを水性溶液または水性分散液状態で混合し、水分を蒸発せしめ、両物質の分子間の相互作用を高め、分子間凝集状態を向上させることによって得られる。
従来技術、競合技術の概要


ポリアリルアミンは、正の電荷を持ち、化学反応性の大きな第1級アミノ基を側鎖に含む直鎖のオレフィン系重合体であり、水によく溶け、水の中では正に荷電するものであり、さらに結晶構造的には非結晶性であり、強い吸湿性と吸水性を示すものである。ポリアリルアミンは、低pH領域で優れた水溶性となるため、ポリビニルアルコールなどのような非イオン性重合体とも均一に混合できるし、ポリエチレンイミンのようなカチオン性の水溶性重合体の水溶液とも混合できる。一連のポリアリルアミン化合物はアルカリ性pH領域で水に不溶となってしまうため、溶解性を良くするため通常は酸性溶液で保存することが多い。

産業上の利用分野


本発明は、生体高分子/ポリアリルアミン複合体およびその製造方法に関する。この複合体は、生化学・医学分野において種々の用途に利用できる。

特許請求の範囲 【請求項1】
絹蛋白質、羊毛ケラチン、コラーゲン、クモの糸、または海性蛋白質である生体高分子と、中和処理後の、または未中和のポリアリルアミンであって、分子内に正の電荷を持つポリアリルアミンとからなる生体高分子/ポリアリルアミン複合体。

【請求項2】
記生体高分子/ポリアリルアミン複合体が細胞の付着・増殖増強機能を有するものであることを特徴とする請求項1記載の生体高分子/ポリアリルアミン複合体。

【請求項3】
請求項1または2記載の生体高分子/ポリアリルアミン複合体が、水とアルコールとの混合水溶液に、エポキシ化合物、アルデヒド、または両者の化合物を混合した水不溶化薬剤水溶液で処理され、該生体高分子とポリアリルアミン相互間に架橋結合が導入されたものであることを特徴とする水不溶化生体高分子/ポリアリルアミン体

【請求項4】
絹蛋白質、羊毛ケラチン、コラーゲン、クモの糸、または海性蛋白質である生体高分子と、中和処理後の、もしくは未中和のポリアリルアミンとを水性溶液または水性分散液状態で混合し、その後蒸発乾固せしめて、生体高分子/ポリアリルアミン複合体を得ることを特徴とすると生体高分子/ポリアリルアミン複合体の製造方法。

【請求項5】
絹タンパク質とポリアリルアミンとからなる複合体膜を、水とアルコールとの混合水溶液に、エポキシ化合物、アルデヒド、または両者の化合物を混合した水不溶化薬剤水溶液で処理し、架橋結合を導入してなる創傷被覆材。

【請求項6】
絹タンパク質とポリアリルアミンとからなる複合体膜を、水とアルコールとの混合水溶液に、エポキシ化合物、アルデヒド、または両者の化合物を混合した水不溶化薬剤水溶液で処理し、架橋結合を導入してなる、細胞の付着、増殖機能を有する細胞培養床基材。

【請求項7】
絹タンパク質とポリアリルアミンとからなる複合体膜が、水とアルコールとの混合水溶液に、エポキシ化合物、アルデヒド、または両者の化合物を混合した水不溶化薬剤水溶液で処理され、架橋結合が導入されてなる金属イオン吸着基材。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

08559_01SUM.gif
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close