Top > Search of Japanese Patents > ANTIBACTERIAL DYED PRODUCT AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

ANTIBACTERIAL DYED PRODUCT AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P04A005059
Posted date Nov 29, 2004
Application number P1999-353367
Publication number P2001-172887A
Patent number P3421737
Date of filing Dec 13, 1999
Date of publication of application Jun 26, 2001
Date of registration Apr 25, 2003
Inventor
  • (In Japanese)加藤 弘
  • (In Japanese)日本 理都子
  • (In Japanese)新居 孝之
  • (In Japanese)塚田 益裕
  • (In Japanese)安田 公三
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title ANTIBACTERIAL DYED PRODUCT AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing an antibacterial dyed product by dyeing a polymer material with a dye containing an antibacterial metal, by which the antibacterial dyed product simultaneously having a good dyed color and a useful antibacterial property and further having excellent washing resistance and stable antibacterial property, and to provide the antibacterial dyed product obtained by the method.
SOLUTION: (1) This antibacterial dyed product obtained by preliminarily immersing a polymer material in a neutral salt aqueous solution, an alkali aqueous solution or a chitosan aqueous solution and then dyeing the preliminarily treated polymer material with an antibacterial metal-containing dye, or (2) the antibacterial dyed product obtained by dyeing the preliminarily treated polymer material with a dye not containing the antibacterial metal and then allowing an antibacterial metal mordant to act on the obtained dyed product.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、高分子素材を染色し、かつ抗菌性機能を付与するには、公知の方法で染色した後、抗菌性金属イオンを含む微粉末状のゼオライトを有効成分とする組成物をスプレーする方法が用いられている。また、染色後、染色物に抗菌性金属を担持するゼオライトを練り込む方法もある。このように、従来は、抗菌性染色物を得るために、染色工程を経た後、別の工程で抗菌性付与加工を行うという2段階の加工工程を行っていた。

一方、金属を含む染料として含金染料が知られている。この含金染料は染料が繊維内部に確実に吸着できるという点に特徴があるが、絹糸等の動物性蛋白質繊維への染色では、染色後の色彩の色鮮やかさに若干の難点があるために、含金染料は実用上多く用いられてはいない。含金染料によって生ずるこのような染色特性は、含金染料の分子量が高いことと関係している。そのために、金属を含む各種の含金染料が既に商品化されているにもかかわらず、この染料を高分子素材に吸着させて抗菌性機能を有する染色物を製造しようとの発想は未だない。

また、金属を含まない染料でまず高分子素材を染色し、その後金属を媒染剤として作用させる技術手法も知られているが、この技術を利用して染色物に抗菌性機能を付与させようとする発想も未だない。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、抗菌性染色物およびその製造方法に関し、特に抗菌性金属を含有する染料で高分子素材を染色することで、または染色後の高分子素材に抗菌性金属を媒染剤として作用させることで得られる、染着機能と抗菌機能とを同時に有する抗菌性染色物およびその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
塩化カルシウム、塩化カリウム、硝酸カルシウム、臭化リチウム、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸カリウム、硝酸カリウムおよび硝酸ナトリウムから選ばれた化合物の水溶液、もしくはキトサン水溶液で浸漬加工により前処理され、抗菌性金属を含有する染料で染色されてなる、絹および羊毛から選ばれる天然素材、レーヨンおよびアセテートから選ばれるセルロース繊維、またはアクリル、ビニロンおよびナイロンから選ばれる合成繊維である高分子素材からなる抗菌性染色物。

【請求項2】
 
塩化カルシウム、塩化カリウム、硝酸カルシウム、臭化リチウム、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸カリウム、硝酸カリウムおよび硝酸ナトリウムから選ばれた化合物の水溶液、もしくはキトサン水溶液で浸漬加工により前処理され、抗菌性金属を含有しない染料で染色された、レーヨンおよびアセテートから選ばれるセルロース繊維、またはアクリル、ビニロンおよびナイロンから選ばれる合成繊維である高分子素材が抗菌性の金属媒染剤で処理されてなる該高分子素材からなる抗菌性染色物。

【請求項3】
 
絹および羊毛から選ばれる天然素材、レーヨンおよびアセテートから選ばれるセルロース繊維、またはアクリル、ビニロンおよびナイロンから選ばれる合成繊維である高分子素材を、塩化カルシウム、塩化カリウム、硝酸カルシウム、臭化リチウム、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸カリウム、硝酸カリウムおよび硝酸ナトリウムから選ばれた化合物の水溶液、またはキトサン水溶液で浸漬加工により前処理し、次いで抗菌性金属を含有する染料で染色して染色物を得ることを特徴とする抗菌性染色物の製造方法

【請求項4】
 
レーヨンおよびアセテートから選ばれるセルロース繊維、またはアクリル、ビニロンおよびナイロンから選ばれる合成繊維である高分子素材を、塩化カルシウム、塩化カリウム、硝酸カルシウム、臭化リチウ、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸カリウム、硝酸カリウムおよび硝酸ナトリウムから選ばれた合物の水溶液、またはキトサン水溶液で浸漬加工により前処理し、この前処理された高分子素材を抗菌性金属を含有しない染料で染色し、次いで得られた染色物に抗菌性の金属媒染剤を作用させて染色物を得ることを特徴とする抗菌性染色物の製造方法。

【請求項5】
 
前記塩化カルシウム、塩化カリウム、硝酸カルシウム、および臭化リチウムから選ばれた化合物の水溶液の濃度が1.35~1.50g/cm3であり、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸カリウム、硝酸カリウムおよび硝酸ナトリウムから選ばれた化合物の水溶液の濃度が0.2~0.8%であり、キトサン水溶液の濃度が5~20g/Lであることを特徴とする請求項3または4記載の抗菌性染色物の製造方法。

【請求項6】
 
前記天然素材が絹であり、前記塩化カルシウム、塩化カリウム、硝酸カルシウム、および臭化リチウムから選ばれた化合物の水溶液による前処理工程が、該絹の分子配向度を75%以下に低下させ、染料の吸着率を10%以上とするように行われることを特徴とする請求項3または5記載の抗菌性染色物の製造方法。

【請求項7】
 
前記天然素材が絹フィブロイン膜であることを特徴とする請求項3または5記載の抗菌性染色物の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08590_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close