Top > Search of Japanese Patents > FUNCTIONAL EMULSION

FUNCTIONAL EMULSION

Patent code P04A005063
Posted date Nov 29, 2004
Application number P2000-090441
Publication number P2001-269115A
Patent number P3448006
Date of filing Mar 29, 2000
Date of publication of application Oct 2, 2001
Date of registration Jul 4, 2003
Inventor
  • (In Japanese)中嶋 光敏
  • (In Japanese)鍋谷 浩志
  • (In Japanese)市川 創作
  • (In Japanese)許 晴怡
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title FUNCTIONAL EMULSION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a functional emulsion in which a functional substance insoluble or slightly soluble in water and oil is dispersed in the oil or water and which can be preserved for a long period.
SOLUTION: This functional emulsion comprising an E/O type emulsion or E/O/W type emulsion in which ethanol drops containing a polyphenol in a high concentration are dispersed in a vegetable oil, obtained by adding polyglyceryl oleate(PG) to ethanol and then stirring the mixture and the vegetable oil by an emulsification method such as a homogenizer method, a film emulsification method or a micro channel method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


製品の保存期間を延ばすとともに食べやすさや使用しやさを向上するため、多くの製品がエマルションとして製造・販売されている。例えば、食品としてはマーガリンやアイスクリーム、医薬品としては軟膏、化成品としては化粧クリームなどが挙げられる。また、従来のエマルションとしては、水を連続相とし油を分散相とした水中油滴(oil-in-water(O/W))型、油中水滴(water-in-oil(W/O))型、及びこれらの複合エマルションである(water-in-oil-in-water(W/O/W)型や(oil-in-water-in-oil(0/W/O))型が殆んどであり、本発明のタイプのエマルションに関しての研究は未だなされていないのが現状である。

Field of industrial application (In Japanese)


食品、医薬品或いは化成品などに広く利用される機能性エマルション

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
連続相としての油中に分散相としてのアルコール滴が乳化剤を用いて分散せしめられ、更に前記アルコール滴中には水および油に対して不溶性もしくは溶解性の低い物質が溶解し、また前記油のアルコールに対する比率は8:2以上であることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項2】
 
連続相としての水中に分散相としての油滴が分散せしめられ、この油滴を連続相として、油滴中に分散相としてのアルコール滴が乳化剤を用いて分散せしめられ、更に前記アルコール滴中には水および油に対して不溶性もしくは溶解性の低い物質が溶解し、また前記油のアルコールに対する比率は8:2以上であることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項3】
 
請求項1または請求項2のいずれかに記載の機能性エマルションにおいて、前記水および油に対して不溶性もしくは溶解性の低い物質はポリフェノールなどの食品関連物質であることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項4】
 
請求項3に記載の機能性エマルションにおいて、前記ポリフェノールはカテキン類、アントシアニンまたはケルセチンであることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項5】
 
請求項1または請求項2のいずれかに記載の機能性エマルションにおいて、前記水および油に対して不溶性もしくは溶解性の低い物質はアンドロステンジオンまたはタキソールなどの医薬関連物質であることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項6】
 
請求項1または請求項2のいずれかに記載の機能性エマルションにおいて、前記水および油に対して不溶性もしくは溶解性の低い物質はバリダマイシン(紋枯病防除薬)であることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項7】
 
請求項1または請求項2のいずれかに記載の機能性エマルションにおいて、前記乳化剤はポリグリセリン脂肪酸エステルであることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項8】
 
請求項7に記載の機能性エマルションにおいて、前記ポリグリセリン脂肪酸エステルはテトラグリセリンモノエステル、ヘキサグリセリンモノエステルまたはポリグリセリンオレイン酸エステルであることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項9】
 
請求項1または請求項2のいずれかに記載の機能性エマルションにおいて、前記油は植物油であることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項10】
 
請求項9に記載の機能性エマルションにおいて、前記植物油の主成分はトリアシルグリセロールであることを特徴とする機能性エマルション。

【請求項11】
 
請求項1または請求項2のいずれかに記載の機能性エマルションにおいて、前記アルコールはメタノール、含水メタノール、エタノール、含水エタノール、プロパノール、含水プロパノール、ブタノールまたは含水ブタノールのいずれかであることを特徴とする機能性エマルション。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08594_03SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close