Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING 5-ALKYLIDENE-2-OXAZOLIDINONES

METHOD FOR PRODUCING 5-ALKYLIDENE-2-OXAZOLIDINONES

Patent code P04P001337
File No. K053P57
Posted date Nov 17, 2004
Application number P2003-054723
Publication number P2004-262830A
Patent number P4307106
Date of filing Feb 28, 2003
Date of publication of application Sep 24, 2004
Date of registration May 15, 2009
Inventor
  • (In Japanese)榧木 啓人
  • (In Japanese)碇屋 隆雄
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR PRODUCING 5-ALKYLIDENE-2-OXAZOLIDINONES
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new method for producing a 2-oxazolidinone, by which various derivatives are synthesized in high efficiency with reduced load to the environment even in the case of using an internal alkyne without using a catalyst and an organic solvent.
SOLUTION: A propargylamine represented by formula (1) (R1, R2 and R3 are the same or different and are each a hydrogen atom or a hydrocarbon group which may contain a substituent group) is reacted with carbon dioxide in a supercritical state or under high pressure of ≥1.0 MPa to produce a 5-alkylidene-2-oxazolidinone represented by formula (2) (R1, R2 and R3 are as shown above).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、2-オキサゾリジノン類は、キラル補助剤をはじめとして合成化学的に汎用されている化合物群である。その合成法は毒性の高い反応剤の使用や高い温度条件を必要とすることが多い。特に、オキサゾリジノンのカルボニル基は、一酸化炭素やホスゲンに由来する場合がほとんどである。このため、無毒で入手容易な二酸化炭素を炭素資源として効率良く活用することができれば、2-オキサゾリジノン類の環境調和型合成法として重要となる。



しかしながら、二酸化炭素を用いての2-オキサゾリジノン類の合成反応については、二酸化炭素とアミンとの反応によるカルバミン酸類の生成を経由して環化させることが可能ではないかと想定されるが、これまでのところ実際的なものとしては実現されていない。



このような状況において、この出願の発明者らは、アルキン類とカルバミン酸との付加反応について検討してきた。だが、この付加反応については、従来では、RuやPdのような金属触媒や塩基触媒の存在下での反応が知られている(文献1~3)だけであって、これらの触媒や有機溶媒を使用することなしに、アルキン類とカルバミン酸類との付加反応によって、効率的で、しかも環境負荷を少なくして、2-オキサゾリジノン類を合成することは実現されていない。また、従来では、内部アルキン類に対してカルバミン酸類の付加反応はほとんど適用できず、このため、各種の修飾誘導体の合成を可能とすることもできないでいた。



1:T.Mitsudo,et al.,Tetrahedron Lett.,28,4417-4418(1987).
2:M.Costa,et al.,J.Chem.Soc.,Chem.Commum..,1699-1700,(1996).
3:M.Shi,Y.Shen,J.Org.Chem.,2002,67,16-21

Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は、5-アルキリデン-2-オキサゾリジノン類の製造方法に関するものである。さらに詳しくは、この出願の発明は、キラル補助剤をはじめとする有機合成反応用の試薬や、医薬、農薬、化粧料等の合成原料、中間体等として有用5-アルキリデン-2-オキサゾリジノン類の製造を、炭素資源の利用効率が高い、副生物、廃棄物が少い環境負荷低減プロセスとして実現することのできる新しい製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
次式
【化1】
 


(式中のR1、R2およびR3は、各々、同一または別異に、水素原子または置換基を有していてもよい炭化水素基を示す)
で表わされるプロパギルアミン類を金属触媒および塩基触媒の不存在下で超臨界状態の二酸化炭素と反応させて次式
【化2】
 


(式中のR1、R2およびR3は前記のものを示す)
で表わされる5-アルキリデン-2-オキサゾリジノン類を製造することを特徴とする5-アルキリデン-2-オキサゾリジノン類の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

23814_08SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Conversion and Control by Advanced Chemistry AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close