Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DETECTING PLANT GENE BY PCR METHOD

METHOD FOR DETECTING PLANT GENE BY PCR METHOD

Patent code P04A005168
Posted date Jan 11, 2005
Application number P1999-336142
Publication number P2001-149080A
Patent number P3131633
Date of filing Nov 26, 1999
Date of publication of application Jun 5, 2001
Date of registration Nov 24, 2000
Inventor
  • (In Japanese)荒平 正緒美
  • (In Japanese)深澤 親房
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR DETECTING PLANT GENE BY PCR METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for preparing DNA which is pure and can be used as a template for PCR from a food which was obtained by processing a plant seed such as soy bean and whose protein was denatured, and a method for detecting a gene of the plant in the food using the PCR method.
SOLUTION: The method for preparing a template DNA from a food obtained by processing a plant comprises the following steps: 1) if necessary, removing a fat from a food obtained by processing (heating, heating and grinding, pressurizing, or fermenting) a plant, 2) extracting a crude DNA fraction from the (obtained) food, 3) and fractionating the obtained crude DNA fraction by the polyethylene glycol precipitation and/or polyacrylamide gel electrophoresis.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



ダイズを始めとして植物DNAの抽出には、CTAB法(Marray, M. G. andThompson, W. F. (1980); Rapid isolation of high molecular weight plant DNA. Nucleic Acids Res., 8. 4321-4325) 、SDS-フェノール法 (David, R.W., Thomas, M., Cameron, J., St.John, T. P., Scherer, S. and Padgett, R.A.; (1980) "Methods in Enzymology", ed. by Grossman, L. and Moldav, K.,Vol. 65, p404, Academic Press, New York) 、プロテアーゼK法 (Jofuku, K.D., Goldberg, R. B.; (1988) Plant molecular biology-a practical approach, ed. by Show, C. H., p37, IRL Press, Oxford-Washington DC)などの基本的手法が既に開発され、食品からのDNA抽出にも用いることができる。

しかし、植物種子などを素材とした加工食品を製造する場合、一般に高温、高圧、機械的磨砕処理あるいは微生物による発酵操作などの様々な加工工程を経ることが多い。このため、上記基本手法を直接的に適用しても、PCR増幅の鋳型DNAに使用できる純度を持つDNAの調製は困難な場合が多かった。

例えば、日本の伝統的植物由来食品の素材であるダイズの場合、種子およびモヤシは、上記基本法だけでもNativeの状態で純度の高いDNAを抽出できる。しかし、豆腐(凍豆腐も含む)および油揚げ(がんもどきを含む)等は、その製造過程においてタンパク質変性処理を受け、DNAの細断化が起こっているため、前処理なしに、あるいはDNAの精製操作なしに、上記基本法を用いてPCR用の鋳型DNAを調製することが可能ではあるけれども、収率が低いという問題がある。また、きな粉(高温磨砕)および蒸煮ダイズ(煮豆、オートクレーブ処理)、またはそれらの発酵食品(納豆および味噌など)等の場合には、DNAが各処理により切断されていることから、低分子のDNAが混合せず純度の高いDNAを調製することは極めて困難であった。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、ダイズなどの植物種子を素材とした加工食品から、当該植物の遺伝子並びに組み換え遺伝子をPCR法を用いて検出するに当たり、抽出されたDNA粗画分を分画処理することによって得られた鋳型DNAを使用する植物遺伝子の検出方法に関する。植物種子を素材とした加工食品は、その製造過程において、タンパク質変性処理、例えば高温処理、高温磨砕処理、高圧処理あるいは機械的磨砕処理などを受けることにより、DNA分子の細断化が起こる。また、味噌や納豆などの発酵食品の場合は、微生物由来のヌクレアーゼにより更なるDNAの細断化が起こる。本発明は、植物性加工食品から当該植物の遺伝子をPCR法を用いて検出するに当たり、抽出されたDNA粗画分を分画処理して、得られた純度の高い鋳型DNAを使用する方法を提供するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
タンパク質変性処理を受けた植物性加工食品から、当該植物の遺伝子をPCR法を用いて検出するに当たり、該食品を脱脂した後、常法によりDNA粗画分を抽出し、次いでポリエチレングリコール沈澱法および/またはポリアクリルアミドゲル電気泳動法によるDNA分画処理を行うことにより得られる鋳型DNAを用いることを特徴とする植物遺伝子の検出方法。

【請求項2】
 
タンパク質変性処理を受けた植物性加工食品が油糧種子である請求項1に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08730_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close