Top > Search of Japanese Patents > PROTEIN HAVING DISEASE RESISTANCE INDUCING ACTIVITY

PROTEIN HAVING DISEASE RESISTANCE INDUCING ACTIVITY

Patent code P04A005231
Posted date Jan 11, 2005
Application number P2001-271979
Publication number P2003-081998A
Patent number P3680131
Date of filing Sep 7, 2001
Date of publication of application Mar 19, 2003
Date of registration May 27, 2005
Inventor
  • (In Japanese)竹中 重仁
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title PROTEIN HAVING DISEASE RESISTANCE INDUCING ACTIVITY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a protein having disease resistance inducing activity derived from Pythium oligandrum cell wall, to provide a method for isolating and refining the protein, to provide a disease resistance inducing agent using the protein, and to provide a method for preventing soilborne disease using the agent.
SOLUTION: This protein having disease inducing activity is obtained by subjecting the cell wall protein fraction of Pythium oligandrum to reversed phase chromatography.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



我が国の畑作にとって最大の問題は、土壌病害による被害である。現在、殺菌剤や土壌薫蒸剤によりこれらの防除が実施されているが、自然環境と調和した持続的な農業システム構築の観点から、今後はこれらを出来るだけ使用しない土壌病害防除技術の開発が強く求められている。その一手段として、有用な微生物を用いた生物防除が早くから注目されてきたが、その防除効果が他の土壌微生物の影響を受けて変動する等の理由から、現在まで実用化されたものは極わずかしかない。





一方、土壌生息菌の一種であるピシウム・オリガンドラムは、多くの土壌病原菌に寄生する微生物であり、海外において菌寄生菌として早くから注目されてきた。さらに、最近、本菌が多くの作物の根圏に定着し、作物の生育促進や、耐病性を作物に誘導する能力(以下、耐病性誘導活性と称する)を有していることが報告されている(Al-Rawashi AK & Hancock JG, 1997, 1998; Benhamou N et al, 1997)。このピシウム・オリガンドラムの有する耐病性誘導活性には、1)他の土壌微生物の影響を受けにくく、広範な作物種および土壌病害に対して防除効果が期待できる、2)本来植物が具備している防御システムを利用するため、抗菌物質等と比べて安全である、という特性があることから、近い将来、作物に対する生物防除技術開発においてピシウム・オリガンドラム及び該菌由来の物質が強力な武器になりうる。





しかしながら、これまで、ピシウム・オリガンドラムの耐病性誘導活性を有する物質の詳細については報告されておらず、該物質の単離・同定が求められていた。また、該物質を利用した耐病性誘導剤及び土壌病害防除方法を開発するためには該物質の精製が不可欠であるが、該物質には理化学的性質が類似した複数のタンパク質が存在していると考えられ、それら各タンパク質を効率的に、かつ高純度で単離・精製することが困難であった。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、ピシウム・オリガンドラム(Pythium oligandrum)細胞壁由来の耐病性誘導活性を有するタンパク質、該タンパク質の単離・精製方法、該タンパク質を含む耐病性誘導剤、及び該耐病性誘導剤を用いた土壌病害防除方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の理化学的性質を有し、ピシウム・オリガンドラム(Pythium oligandrum)細胞壁由来の耐病性誘導活性を有するタンパク質。
(1) SDS-PAGEによる分子量測定において28kDaを示す。
(2) 以下の配列番号1~4の部分アミノ酸配列を含む。
▲1▼ 配列番号1に示されるN末端アミノ酸配列
▲2▼ 配列番号2に示されるリジルエンドペプチダーゼ消化によるアミノ酸配列
▲3▼ 配列番号3に示されるリジルエンドペプチダーゼ消化によるアミノ酸配列
▲4▼ 配列番号4に示されるサーモリシン消化によるアミノ酸配列

【請求項2】
 
下記の表1に示すアミノ酸組成を有する請求項1記載のタンパク質。
【表1】
 



【請求項3】
 
以下の理化学的性質を有し、ピシウム・オリガンドラム細胞壁由来の耐病性誘導活性を有するタンパク質。
(1) SDS-PAGEによる分子量測定において24kDaを示す。
(2) 以下の配列番号5~8の部分アミノ酸配列を含む。
▲1▼ 配列番号5に示されるN末端アミノ酸配列
▲2▼ 配列番号6に示されるリジルエンドペプチダーゼ消化によるアミノ酸配列
▲3▼ 配列番号7に示されるリジルエンドペプチダーゼ消化によるアミノ酸配列
▲4▼ 配列番号8に示されるサーモリシン消化によるアミノ酸配列

【請求項4】
 
下記の表2に示すアミノ酸組成を有する請求項3記載のタンパク質。
【表2】
 



【請求項5】
 
以下の理化学的性質を有し、ピシウム・オリガンドラム細胞壁由来の耐病性誘導活性を有するタンパク質。
(1) SDS-PAGEによる分子量測定において27kDaを示す。
(2) 以下の配列番号9~10の部分アミノ酸配列を含む。
▲1▼ 配列番号9に示されるN末端アミノ酸配列
▲2▼ 配列番号10に示されるサーモリシン消化によるアミノ酸配列

【請求項6】
 
下記の表3に示すアミノ酸組成を有する請求項5記載のタンパク質。
【表3】
 



【請求項7】
 
ピシウム・オリガンドラムの細胞壁から得られた細胞壁タンパク質画分を逆相クロマトグラフィーに供し、ピシウム・オリガンドラム細胞壁由来の耐病性誘導活性を有するタンパク質を単離・精製することを特徴とする、請求項1~6のいずれか1項に記載の耐病性誘導活性を有するタンパク質の単離・精製方法。

【請求項8】
 
請求項1~6のいずれか1項に記載のタンパク質の1種以上を有効成分として含む、耐病性誘導剤。

【請求項9】
 
請求項8記載の耐病性誘導剤を用いた、土壌病害防除方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001271979thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close