Top > Search of Japanese Patents > BIOSENSOR

BIOSENSOR

Patent code P04A005304
Posted date Jan 11, 2005
Application number P1999-268649
Publication number P2001-091491A
Patent number P3416726
Date of filing Sep 22, 1999
Date of publication of application Apr 6, 2001
Date of registration Apr 11, 2003
Inventor
  • (In Japanese)玉田 靖
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title BIOSENSOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biosensor including liposome containing a support element, stimulus responsive hydrogel immobilized on the support element, and a transducer immobilized by the stimulus responsive hydrogel and transducing sensory tissue derived biomolecule and membrane potential to other signals.
SOLUTION: This biosensor can detect specific and various sensory mechanisms of an organism such as olfaction and taste. The biosensor is facilitated in its manufacture and capable of easily exchanging a sensor terminal using phase transition relative to physical stimulus such as pH and the temperature so as to be superior in economy.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



バイオセンサーは、生物学的な特異認識手段と、その認識シグナルを検出可能なシグナルに変換するためのトランスデューサーからなるデバイスと定義されている。生物学的な認識手段としては、基質と酵素の認識反応、抗原-抗体反応等における酵素、抗原、抗体等が古くからよく利用されており、また、近年、生物系において視覚、嗅覚又は味覚などの感覚認識反応カスケードに含まれるレセプターを利用することが開示されている。また、トランスデューサーとしては、古くから酸素電極や水素イオン電極のような電極が中心に用いられ、近年では、水晶発振子微量天秤、音響デバイス、表面プラズモン共鳴、フェルスター・エネルギー転移等の利用が試みられている。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明はバイオセンサーに関し、より詳細には、感覚組織の生体分子を利用したバイオセンサーに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
支持体、該支持体上に固定化された刺激応答性ハイドロゲル、並びに該刺激応答性ハイドロゲルにより固定化された、感覚組織由来の生体分子及び膜電位を他のシグナルに変換し得るトランスデューサーを含むリポソームを含むことを特徴とするバイオセンサー。

【請求項2】
 
前記刺激応答性ハイドロゲルが、水素イオン濃度又は温度に応答して相転移するものである請求項1記載のバイオセンサー。

【請求項3】
 
前記感覚組織が昆虫由来の嗅覚組織又は味覚組織である請求項1記載のバイオセンサー。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

08862_02SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close