Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING EMBRYO-CONTAINING RICE AND DUMPLING DOUGH, SWEET ALCOHOLIC DRINK MADE FROM SAKE LEES AND SWEETENED RICE CAKE-LIKE CAKE USING MILLED RICE WITH LARGE EMBRYO

METHOD FOR PRODUCING EMBRYO-CONTAINING RICE AND DUMPLING DOUGH, SWEET ALCOHOLIC DRINK MADE FROM SAKE LEES AND SWEETENED RICE CAKE-LIKE CAKE USING MILLED RICE WITH LARGE EMBRYO

Patent code P04A005326
Posted date Jan 11, 2005
Application number P2001-165066
Publication number P2002-354993A
Patent number P3851934
Date of filing May 31, 2001
Date of publication of application Dec 10, 2002
Date of registration Sep 15, 2006
Inventor
  • (In Japanese)小林 明晴
  • (In Japanese)上原 泰樹
  • (In Japanese)清水 恒
  • (In Japanese)小牧 有三
  • (In Japanese)太田 久稔
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR PRODUCING EMBRYO-CONTAINING RICE AND DUMPLING DOUGH, SWEET ALCOHOLIC DRINK MADE FROM SAKE LEES AND SWEETENED RICE CAKE-LIKE CAKE USING MILLED RICE WITH LARGE EMBRYO
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a method for producing rice processed foods in which badness of form appearance of polished rice of milled rice with large embryo is made inconspicuous and presence of embryo is emphasized with respect to taste and appearance by using embryo of milled rice with large embryo and polished rice (rice bran-free endosperm part) as raw materials.
SOLUTION: Unpolished rice of milled rice with large embryo is weakly pounded and polished in such a degree as not to cause broken grain in an endosperm part. Embryo is removed from the unpolished rice, sieved and separated. The partially pounded and polished rice from which the embryo is removed is additionally pounded and polished to give completely polished rice. Rice cake dough or dumpling dough produced by the polished rice is mixed with the embryo which is obtained by the method and steamed to produce rice cake and dumpling dough containing large embryo. Steamed non-glutinous rice is mixed with embryo and malted rice and saccharified to give an sweet alcoholic drink made from sake lees, containing large embryo. An sweetened rice cake-like cake is produced from embryo and glucose syrup. The defect of poor appearance quality of polished rice of milled rice with large embryo is avoided. Embryo-containing rice cake and dumpling dough, a sweet alcoholic drink made from sake lees and a sweetened rice cake-like cake free from rice bran are produced by using only an endosperm component and embryo of milled rice with large embryo.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


巨大胚米は大きな胚芽の付いた胚芽米としての利用が望まれているが、胚芽が大きい故に搗精時に胚乳より胚芽が離脱し易く、米糠の付着の少ない胚芽米の製造はできなかった。このため、巨大胚米は玄米あるいは発芽玄米としての利用法しかなかった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、米の美味しい部分である胚乳部分と、栄養に優れ、各種機能成分も含み、特有の美味しさもある胚芽部分を多量に含む米加工食品が製造でき、且つ種皮・果皮などの米糠を含まないので美味さを損なうことなく、目視的に胚芽の存在がきわだち、健康食品的イメージもあり、これにより、付加価値の高い米加工食品が製造でき、食品産業の活性化に寄与すると共に、米の新用途の開発により、米の需要拡大にも寄与できる巨大胚米を用いた胚芽入り餅・団子生地、甘酒及びおこし様菓子を製造する巨大胚米加工食品の製造法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
胚芽の重さが一般の米の約2倍以上ある巨大胚米を原材料とし、該巨大胚米の玄米を、通常の搗精網より網目の大きい搗精網を装備する精米機で玄米より巨大胚芽が離脱する程度に弱搗精して、部分精米と巨大胚芽・米糠とに分離する工程と、
分離した前記部分精米を追加搗精して完全精白米にすることで巨大胚米の精米の形態的外観の悪さを目立たなくする工程と、
分離した前記巨大胚芽・米糠を前記搗精網より篩目の細かい篩で篩分けして、巨大胚芽と米糠とを分離することによって、米糠や砕米を含まない巨大胚芽を得る工程とを有し、
分離した前記巨大胚芽及び前記完全精白米を原料として、餅・団子生地、甘酒又はおこし様菓子を製造することを特徴とする巨大胚米加工食品の製造法。

【請求項2】
 
前記精米機が装備する搗精網を、網目の大きさが長径2.72mm,短径1.72mmの菱形とし、前記篩の目を径1.47mmの円形とすることを特徴とする請求項1記載の巨大胚米加工食品の製造法。

【請求項3】
 
胚芽の重さが一般の米の約2倍以上ある巨大胚米を原材料とし、該巨大胚米の玄米を、離脱した胚芽が通過しないような細かい篩目の搗精網を装備する精米機で玄米より巨大胚芽が離脱する程度に弱搗精した後、幅1.6mmの前記巨大胚芽が通過する縦目篩で部分精米と巨大胚芽とに分別する工程と、
分別した前記部分精米を追加搗精して完全精白米にすることで巨大胚米の精米の形態的外観の悪さを目立たなくする工程と、
前記巨大胚芽及び前記完全精白米を原料として、餅・団子生地、甘酒又はおこし様菓子を製造することを特徴とする巨大胚米加工食品の製造法。

【請求項4】
 
前記完全精白米より製造した搗餅生地に、浸水処理をして蒸煮した前記巨大胚芽を混和して餅生地を製造することを特徴とする請求項1~3の何れかに記載の巨大胚米加工食品の製造法。

【請求項5】
 
前記完全精白米より製造した水分55%ほどの団子生地に、浸水処理をして蒸煮した前記巨大胚芽を混和するか、又は、前記完全精白米の精米粉に前記巨大胚芽を添加して混捏して水分55%ほどの生地にし、これらを蒸煮して団子生地を製造することを特徴とする請求項1~3の何れかに記載の巨大胚米加工食品の製造法。

【請求項6】
 
前記完全精白米を蒸煮した飯に、前記巨大胚芽を蒸煮して混和し、麺を加え糖化処理を行うことで甘酒を製造することを特徴とする請求項1~3の何れかに記載の巨大胚米加工食品の製造法。

【請求項7】
 
前記完全精白米を蒸煮し、麦芽によって糖化処理を行い麦芽水飴を得、この麦芽水飴に前記巨大胚芽を軽く焙煎して混和し、型どりをして冷却することを特徴とする請求項1~3の何れかに記載の巨大胚米加工食品の製造法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001165066thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close