Top > Search of Japanese Patents > SWEET POTATO STARCH TO BE GELATINIZED AT LOW TEMPERATURE AND METHOD OF BREEDING SWEET POTATO INCLUDING THE STARCH IN TUBEROUS ROOT

SWEET POTATO STARCH TO BE GELATINIZED AT LOW TEMPERATURE AND METHOD OF BREEDING SWEET POTATO INCLUDING THE STARCH IN TUBEROUS ROOT

Patent code P04A005333
Posted date Jan 11, 2005
Application number P2000-099090
Publication number P2001-278902A
Patent number P3366939
Date of filing Mar 31, 2000
Date of publication of application Oct 10, 2001
Date of registration Nov 8, 2002
Inventor
  • (In Japanese)片山 健二
  • (In Japanese)田宮 誠司
  • (In Japanese)小巻 克巳
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title SWEET POTATO STARCH TO BE GELATINIZED AT LOW TEMPERATURE AND METHOD OF BREEDING SWEET POTATO INCLUDING THE STARCH IN TUBEROUS ROOT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a starch to be gelatinized at a lower temperature than the conventional sweet potato starch is.
SOLUTION: The sweet potato starch wherein the range of a gelatinization peak temperature is 38-51°C, and/or the range of a starting temperature of increasing viscosity is 45-58°C.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


デンプンが糊化する温度やデンプンの糊化しやすさの程度は、そのデンプンを含む塊根や食品を加熱調理する際やデンプンを分解して糖類やアルコールを製造する際に、加熱温度・時間や分解反応の効率を左右する重要な特性である。従来のサツマイモデンプンの糊化温度は61~78℃の範囲を示し、粘度上昇温度は62~74℃の範囲を示す。このため、従来のデンプンを含む塊根や食品では、これらの糊化温度以上の温度で加熱調理する必要があった。また、従来のデンプンを分解して糖類やアルコールを製造する際も、分解反応の効率を上げるためには、デンプンを液化する時の温度を上げるなどの操作が必要であり、コストも多くかかった。このため、より低い温度で糊化するサツマイモデンプンが望まれてきたが、現在まで、そうした特性を有するサツマイモデンプンを得る方法は知られていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、サツマイモデンプンおよびそのデンプンを塊根中に含むサツマイモの作出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
サツマイモ「関東116号」の塊根から採取した、デンプン濃度28%で昇温速度1℃/分で測定したときの糊化ピーク温度が38~51℃及び/又はデンプン濃度10%で測定したときの粘度上昇開始温度が45~58℃であるサツマイモデンプン。

【請求項2】
 
請求項1記載のサツマイモデンプンを含むサツマイモ塊根を用いた食品。

【請求項3】
 
請求項1記載のサツマイモデンプンを含む食品。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

08891_05SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close