Top > Search of Japanese Patents > COATING MEMBER FOR MEDICAL USE

COATING MEMBER FOR MEDICAL USE commons

Patent code P04A005473
Posted date Jan 18, 2005
Application number P2002-122237
Publication number P2003-310744A
Patent number P3714471
Date of filing Apr 24, 2002
Date of publication of application Nov 5, 2003
Date of registration Sep 2, 2005
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 哲也
  • (In Japanese)島田 厚
  • (In Japanese)佐藤 学
Applicant
  • (In Japanese)学校法人慶應義塾
Title COATING MEMBER FOR MEDICAL USE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a DLC coating member for medical use on the surface of which a DLC film having a strong adhesiveness to a medical member, a high abrasion resistance, and a sufficient adhesion resistance against the human tissue such as the blood, muscle, blood vessel or the like, is formed.
SOLUTION: The medical member has a coat of the DLC film which has an SP2 bond and SP3 bond, of which the SP2/SP3 ratio of a diamond-like carbon film is 1-10 within, 0.1 μm from the boundary face between the DLC film and the member, and in which a fluorine concentration has a continuous or discontinuous fluorine concentration gradient within 10-40 volume % range within the depth of less than 0.1 micron from the DLC surface.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来は、医療機器にDLCを被覆し、被膜全体に弗素を含有することが開示されており、以下に記載する発明が知られている。
例えば、特開平11-313884号公報には、ステント基材と、ステント基材の少なくとも表面の一部に注入された炭素イオン注入層と、該炭素イオン注入層の上に成膜されたダイヤモンドライクカーボン膜とを具備したことを特徴とする生体留置用ステントさらにダイヤモンドライクカーボン膜が積層されている生体留置用ステントが、特開2001-29447公報には、医療器本体の表面の少なくとも一部を、原子比(F/F+C+H)が60%以上であるフッ素含有ダイヤモンドライクカーボン膜で被覆したことを特徴とする体内埋込み医療器が、特開2001-238962号公報には芯線体とその表面に形成されたDLC被膜とを有することを特徴とする医療用挿通線体がそれぞれ開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、耐付着性や耐擬着性を有し、さらに基材のへ強固な密着性及び高い耐摩耗性を併せ持つ医療用部材に関する。
また、本発明は、カテーテル、ガイドワイヤー、ステント、ペースメーカーリードなどの体内留置用器材や注射針、メス、(傷口保持部品)などの人体組識,血液等と直接的に接触する各種医療用部材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
フッ素を含有したダイヤモンド様炭素膜を被覆し、被膜表面から深さ0.1μm以内のフッ素濃度10~40at%とし、0.1μmより深い領域のフッ素濃度を10at%未満とすることを特徴とする医療用被覆部材。

【請求項2】
 
被膜表面から深さ0.1μm以内の水素濃度が、2~30at%であることを特徴とする請求項1記載の医療用被覆部材。

【請求項3】
 
該ダイヤモンド様炭素膜が、0.2~2μmであることを特徴とする請求項1又は2に記載の医療用被覆部材。

【請求項4】
 
カテーテル、ガイドワイヤー、ステント、ペースメーカーリード、体内留置用器材、注射針、メス又は傷口保持部品に用いることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の医療用被覆部材。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close