Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND DEVICE FOR TESTING SURFACE STATE OF ARTICLE TO BE MEASURED

METHOD AND DEVICE FOR TESTING SURFACE STATE OF ARTICLE TO BE MEASURED commons meetings

Patent code P04P001401
File No. Y2003-P014
Posted date Jan 18, 2005
Application number P2003-109807
Publication number P2004-317217A
Patent number P4125625
Date of filing Apr 15, 2003
Date of publication of application Nov 11, 2004
Date of registration May 16, 2008
Inventor
  • (In Japanese)松田 健次
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD AND DEVICE FOR TESTING SURFACE STATE OF ARTICLE TO BE MEASURED commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for testing the surface state of an article to be measured, capable of evaluating the adhesion state of the surface film on the article to be measured, the mechanical physical properties other than a hardness of the article to be measured, the repulsive hardness of a material and the like on the basis of the vibration state of a hammer after repulsion caused by allowing the hammer to impinge against the article to be measured at a predetermined speed or the strain produced in the hammer at the time of impingement.
SOLUTION: In the method for testing the surface state of the article to be measured, the hammer is allowed to impinge against the article to be measured at the predetermined speed and the vibration of the hammer after repulsion is measured to evaluate the surface state of the article to be measured. This testing method is simple and practical, and the adhesion strength of various surface modified films can be also evaluated.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、基材表面に種々の皮膜を作成する表面改質技術がめざましい進歩をみせているが、被膜材としての機能を十分に発揮するには、皮膜と基材との間に十分な付着強度を有していることが必要である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、所定の速度でハンマを測定物に衝突させ、反発後のハンマの振動状況およびハンマのひずみ変化によって、表面膜の付着状況、測定物の硬さ以外の機械的特性、材料の反発硬さ等を評価するのに好適な測定物(材料)の表面状態試験法(はく離評価試験法)に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所定の速度でハンマを測定物に衝突させ、反発後のハンマの振動を計測することにより測定物の表面状況を評価することを特徴とする測定物の表面状態試験法。

【請求項2】
 
前記測定物の表面状況は、測定物表面に設けた表面膜の付着状況であることを特徴とする請求項1に記載の測定物の表面状態試験法。

【請求項3】
 
前記測定物の表面状況は、測定物の応力-ひずみ線図の形体の違いであることを特徴とする請求項1に記載の測定物の表面状態試験法。

【請求項4】
 
前記測定物の表面状況は、測定物の反発硬さ、又は反発係数であることを特徴とする請求項1に記載の測定物の表面状態試験法。

【請求項5】
 
前記反発後のハンマの振動は、ハンマに照射したレーザ光の反射光をレーザドップラー振動計により検出することを特徴とする請求項1~請求項4のいずれかに記載の測定物の表面状態試験法。

【請求項6】
 
前記反発後のハンマ振動は、ハンマに添付した加速度ピックアップにより検出することを特徴とする請求項1~請求項4のいずれかに記載の測定物の表面状態試験方法。

【請求項7】
 
所定の速度でハンマを測定物に衝突させ、衝突後のハンマのひずみ変化によって、表面膜の付着状況を評価する測定物の表面状態試験法。

【請求項8】
 
所定の速度でハンマを測定物に衝突させ、衝突後のハンマのひずみ変化によって、測定物の応力-ひずみ線図の形体の違いを評価する測定物の表面状態試験法。

【請求項9】
 
前記ひずみ変化は、ハンマに取り付けた、ひずみゲージ、圧電素子等のひずみ検出手段により測定することを特徴とする請求項7または請求項8のいずれかに記載の測定物の表面状態試験法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003109807thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close