Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR GASIFYING ORGANIC MATERIAL

METHOD FOR GASIFYING ORGANIC MATERIAL meetings

Patent code P04A005612
File No. ShIP‐Z209
Posted date Jan 18, 2005
Application number P2002-277949
Publication number P2003-201486A
Patent number P4304237
Date of filing Sep 24, 2002
Date of publication of application Jul 18, 2003
Date of registration May 15, 2009
Priority data
  • P2001-290003 (Sep 21, 2001) JP
Inventor
  • (In Japanese)佐古 猛
  • (In Japanese)岡島 いづみ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title METHOD FOR GASIFYING ORGANIC MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for efficiently and easily gasifying an organic material.
SOLUTION: This method for gasifying the organic material is to contact the organic material with subcritical water or super critical water in the presence of a catalyst comprising hydrogen-activating metals and/or a catalyst comprising alkaline materials.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


廃自動車、廃家電製品および廃電線などの処理工程から排出されるシュレッダーダストなどのプラスチック混合廃棄物、あるいは臭素化難燃プラスチックなどは、塩素や臭素などのハロゲン原子を含んでいるために、焼却処理過程でダイオキシン類の生成が懸念されることから、現在は大部分が埋立処理されている。また、ガラス繊維強化プラスチックや水酸化マグネシウムなどを含有する廃プラスチックは、焼却時に炉壁をいためたりするために、同様に埋立処理されている。しかし、近年、埋立地の確保が難しくなってきており、また、確保できたとしても、周囲の環境悪化を招く恐れがあるために、難処理廃プラスチックの安全で経済的な処理方法の碓立が急務とされている。これまでに廃プラスチックの様々なリサイクル法が検討されているが、ハロゲン原子を含んだプラスチックやガラス繊維などの添加物を含有するプラスチックおよびプラスチック混合廃棄物の経済的なリサイクル技術に関するものはほとんどない。



プラスチック等の有機物質のガス化に関しては、すでにいくつかの関連特許がある。特開2001-19402号公報(特許文献1)では、超臨界水に酸化カルシウムや水酸化カルシウム等の二酸化炭素吸収剤多量を加えて石炭やプラスチックから水素を製造する方法が提案されている。しかし、この方法の場合、ガス化反応で副生する二酸化炭素を除去するために多量の非水溶性のCaOやCa(OH)2等の二酸化炭素吸収剤を反応系に加えるので、反応効率が悪くなる上、ガス化生成物からその二酸化炭素吸収剤を高純度で分離回収し、再使用することに大きな困難を生じる等の問題がある。
また、特開2000-239672号公報(特許文献2)では、石炭等の炭素資源のガス化を3段階の反応で行う方法が記載されているが、この方法の場合、装置コストが高くなる等の問題を含むものであった。



【特許文献1】
特開2001-19402号公報
【特許文献2】
特開2000-239672号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、有機物を水素を含む有用ガスに変換させる有機物のガス化方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
プラスチックを、反応圧力5~50MPa、反応温度500~800℃で水素活性化金属からなる金属触媒及び酸化剤の存在下において、亜臨界水又は超臨界水と接触させて水素とメタンの生成比を制御する有機物のガス化方法であって、
前記酸化剤を、乾燥状態の前記プラスチック100重量部当り5~100重量部含有させることを特徴とする有機物のガス化方法

【請求項2】
 
1.5~50MPaの条件下で200~500℃の温度に加熱して可溶化させた後、前記亜臨界水又は超臨界水と接触させることを特徴とする請求項1に記載の有機物のガス化方法。

【請求項3】
 
有機物と水を含む被処理原料をガス化する方法において、
該被処理原料を、1.5~50MPaの条件下で200~500℃の温度に加熱して可溶化させる可溶化工程、
該可溶化物を、反応圧力5~50MPa、反応温度500~800℃、前記有機物に対して20~100wt%の水溶性アルカリ性物質からなるアルカリ触媒の存在下で亜臨界水又は超臨界水と接触させて水素とメタンの生成比を制御する有機物のガス化工程、
該ガス化工程で得られたガス化生成物を冷却し、減圧した後、気液分離する気液分離工程、
該気液分離工程で得られたガスを、少なくとも水素とメタンと二酸化炭素ととに分離するガス分離工程、
該気液分離工程で得られた液体を、固液分離する固液分離工程、
を包含することを特徴とする有機物のガス化方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close