Top > Search of Japanese Patents > ANTIMICROBIAL AGENT FOR HELICOBACTER PYLORI

ANTIMICROBIAL AGENT FOR HELICOBACTER PYLORI

Patent code P04A005949
File No. 化学・薬品-121
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2000-134391
Publication number P2001-316280A
Patent number P3569741
Date of filing May 8, 2000
Date of publication of application Nov 13, 2001
Date of registration Jul 2, 2004
Inventor
  • (In Japanese)老田 茂
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title ANTIMICROBIAL AGENT FOR HELICOBACTER PYLORI
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a safety antimicrobial agent derived from a natural material, having an antagonism to proliferation of Helicobacter pylori concerning to pathopoiesis of a chronic gastritis and a stomach ulcer.
SOLUTION: This antimicrobial agent for Helicobacter pylori includes an α-type or β-type thionine as the active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



近年、慢性胃炎や胃潰瘍の発症に、細菌のヘリコバクター・ピロリが深く関与していることが分かってきた。わが国では、全人口の半数に相当する約6千万人がヘリコバクター・ピロリに感染していると言われている(食の科学、265巻、87~99頁、2000年)。

抗生物質等の投与によって胃中から本菌を除去することにより、慢性胃炎や胃潰瘍の治癒は可能であるが、患者によっては、除菌され難い場合があり、また抗生物質については耐性菌の出現や副作用の問題もある。

さらに、発症者だけでなく、感染者に対しても除菌を行うことが望ましいが、対象者数が膨大になるため、経済的に困難とされている。





したがって、安全性が高く、容易に摂取可能で、かつ天然物に由来するヘリコバクター・ピロリ菌用の抗菌剤が求められている。なお、天然物由来のヘリコバクター・ピロリ菌用抗菌剤としては、茶ポリフェノール(特許第3002919号)、果実ポリフェノール(特開平11-180888号公報)、ホップα酸およびβ酸(特開平10-25247号公報)が既に開示されているが、抗菌性ペプチドを用いた例は未だ報告がない。

ペプチドの場合、たとえ抗菌作用の種特異性が低くても、消化酵素によって分解されれば、腸内細菌は影響を受け難いものと考えられる。





一方、麦類由来のアルファ型およびベータ型チオニンについては、これまでに植物病原性糸状菌に対する抗菌作用は知られている(Plant Science 、92巻、169~177頁、1993年)が、細菌であるヘリコバクター・ピロリ菌に対する抗菌作用は報告されていない。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、ヘリコバクター・ピロリ菌用抗菌剤に関し、詳しくは天然物由来で安全なペプチドを有効成分として含有するヘリコバクター・ピロリ菌用抗菌剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 アルファ型および/またはベータ型チオニンを有効成分として含有することを特徴とするヘリコバクター・ピロリ菌用抗菌剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

09558_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close