Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING POLYMERIC GEL AND THE RESULTANT POLYMERIC GEL

METHOD FOR PRODUCING POLYMERIC GEL AND THE RESULTANT POLYMERIC GEL

Patent code P04A005950
File No. 化学・薬品-122
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2003-055168
Publication number P2004-263081A
Patent number P3747227
Date of filing Mar 3, 2003
Date of publication of application Sep 24, 2004
Date of registration Dec 9, 2005
Inventor
  • (In Japanese)中嶋 光敏
  • (In Japanese)菊池 佑二
  • (In Japanese)岩本 悟志
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR PRODUCING POLYMERIC GEL AND THE RESULTANT POLYMERIC GEL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for forming a natural polymeric gel such as gelatin to any dimension or shape.
SOLUTION: The method for producing the polymeric gel comprises the following procedure: gelatin is heated to 60°C into a gelatin solution, which is then dripped onto the surface of a base and spread into film, wherein the surface of the base has been hydrophobicized with a silane coupling agent followed by being hydrophilicized with an alcohol(ethanol) in advance, therefore the resulting polymer sol infiltrates tightly into recesses on the surface of the base and the objective easy-to-peel polymeric gel with the unevennesses on the surface of the base transferred accurately can be obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ゼラチンはコラーゲン分子を熱処理して得られる天然高分子であり、毒性がなく生体適合性に優れる。そこで、活性物質を含有させたゼラチンを皮膚に付着させ、皮膚から薬剤などを吸収させるようにしたパッチが従来から知られている。例えば、活性物質を含有させたゼラチンの皮膚と接触する側に、当該活性成分を溶解させる液体(水分)を保持した裏地を設けることで、パッチが付着する皮膚表面の不足水分を補う提案がなされている。(特許文献1)



またゼラチンはゾル・ゲル変化し、機械的に高強度の皮膜を形成する機能を有し、体内で分解吸収され、ガスバリヤ性が高い。そこで従来から、DDS(ドラッグデリバリーシステム)のキャリヤ手段として、ゼラチンカプセルが用いられている。例えば、キトサンの粉末に油脂と乳化剤を加え懸濁させた原液をゼラチンカプセル内に充填したものが提案されている。(特許文献2)



また、DDSのキャリヤ手段や食品素材として、天然高分子を用いてマイケルカプセル化したものやエマルションの形態にしたものが知られている。(特許文献3)



【特許文献】
特許文献1:特開2000-128781公報
特許文献2:特開2000-290187公報
特許文献3:特開2001-269115公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ゼラチンなどの天然高分子からなるゲルの製造方法とその製造法によって得られた特異な形状のゲルに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  基板表面を疎水化処理した後に親水化処理し、次いでこの基板表面に天然高分子からなるゾルを流し出し、この天然高分子ゾルを冷却してゲル状とした後、基板から剥離することを特徴とする高分子ゲルの製造方法。
【請求項2】
  前記基板表面には多数の凹部または凸部が形成されていることを特徴とする請求項1に記載の高分子ゲルの製造方法。
【請求項3】
  前記疎水化処理はシランカップリング処理とし、前記親水化処理はアルコール処理とし、前記天然高分子はゼラチン、寒天(アガー)、ペクチン、カラギーナンなどのゾルゲル転移を引き起こす高分子多糖とすることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の高分子ゲルの製造方法。
【請求項4】
  請求項1乃至請求項3の何れかの請求項に記載の高分子ゲルを架橋することで機械的強度を高めることを特徴とする高分子ゲルの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003055168thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close