Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR REARING SMALL ORGANISM SUCH AS MITE, SELECTION UTENSIL, REARING VESSEL, REARING VESSEL COLLECTOR AND LAYING VESSEL

METHOD FOR REARING SMALL ORGANISM SUCH AS MITE, SELECTION UTENSIL, REARING VESSEL, REARING VESSEL COLLECTOR AND LAYING VESSEL

Patent code P04A005960
File No. 機械・加工・装置-157
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2002-278978
Publication number P2004-113061A
Patent number P3680135
Date of filing Sep 25, 2002
Date of publication of application Apr 15, 2004
Date of registration May 27, 2005
Inventor
  • (In Japanese)近山 之雄
  • (In Japanese)八木 行雄
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR REARING SMALL ORGANISM SUCH AS MITE, SELECTION UTENSIL, REARING VESSEL, REARING VESSEL COLLECTOR AND LAYING VESSEL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for rearing small organisms such as mites, by which the small organisms can efficiently, easily, safely, rapidly and successively be controlled and reared, to provide a rearing vessel, and to provide a rearing utensil.
SOLUTION: This method for rearing the small organisms such as mites is characterized by putting the small the small organisms such as the hatched mites in a selection vessel 1 to separate the small organisms from undesired materials, collecting the separated mites or the like, rearing the collected mites or the like in a rearing vessel 10 for a prescribed period, and then making the grown mites or the like to lay in a laying bed 30 in which laying spaces 35 are disposed in parallel. The separation of the mites is carried out by using the selection vessel 1 having the space of an isolation portion 5 in the center and also having a sponge 6 used as a wall containing water in the outer peripheral portion and utilizing the water-avoiding nature of the mites to separate the mites from the undesired materials. The rearing vessel 10 comprises a cylindrical case 11, an upper lid 15 and a bottom stopper 14 for closing the upper and lower openings of the case, a water supply tank 13 on the bottom stopper, and a mite bed 12 on the water supply tank.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



従来、この種のダニ等の微小生物を継代管理して飼育する器具としては、大試験管の中に含水させた綿を入れ、その上にスポンジを敷き、その上にダニを入れた後、綿栓を装着することでダニの飼育容器もしくは産卵容器としていた。また、飼育容器である容器の交換、及び耳袋法によるダニ付けには、ダニを容器から少しずつバット又は耳袋に取出していた。ここで、耳袋法によるダニ付けとは、ダニを布袋等に入れ、家畜等の耳につけて飽血させることである。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、ダニ等の微小生物を継代管理する飼育方法と飼育容器等に係り、特に、ダニ等を選別する容器状の選別器具、ダニ等を容易に容器外へ出すことができる飼育容器、飼育容器にダニ等を収集する収集器具、ダニ等の産卵用の容器と、これらの選別器具、飼育容器等を使用する飼育方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
孵化したダニ等の微小生物を、中央部に空間を有し、外周部に前記微小生物を回避させる物質を含んだ壁部を有する選別器具に入れて死骸等の不要物から自発的移動によって分離させ、分離された前記微小生物を飼育容器内に収集し、収集された前記微小生物を前記飼育容器に所定期間入れて飼育し、成長した前記微小生物を複数の産卵スペースを並設した産卵容器に入れて産卵させることを特徴とするダニ等の微小生物の飼育方法。

【請求項2】
 
ダニ等の微小生物を死骸等の不要物から分離させる容器状の選別器具であって、
中央部に空間を有し、外周部に前記微小生物を回避させる物質を含んだ壁部を有することを特徴とするダニ等の微小生物を分離させる選別器具。

【請求項3】
 
ダニ等の微小生物を飼育する飼育容器であって、
円筒状ケースと、該円筒状ケースの下端の開口部を閉塞する底栓と、該底栓の上部に位置する給水手段と、該給水手段の上部に位置して該給水手段により水分を供給される飼育床と、前記円筒状ケースの上部開口を閉塞する上蓋とを備えることを特徴するダニ等の微小生物の飼育容器。

【請求項4】
 
前記底栓及び給水手段を外して前記円筒状ケース内に下方から挿入され、前記飼育床を押上げて前記円筒状ケース外に移動可能のピストンをさらに備える請求項3に記載のダニ等の微小生物の飼育容器。

【請求項5】
 
前記請求項3に記載の飼育容器の円筒状ケースに装着され微小生物を収集する器具であって、
前記円筒状ケース内に挿入可能の壁面を有し下方に開口するホルダと、該ホルダの前記開口を閉塞して内部空間を形成する下栓と、前記ホルダの上部に連結され前記円筒状ケースの開口を閉塞する上栓と、前記ホルダの壁面に下方から形成され前記内部空間に至るように形成された切込みと、前記上栓及び下栓を貫通するパイプ及び前記上栓を貫通するパイプとを備えることを特徴とする飼育容器の収集器具。

【請求項6】
 
ダニ等の微小生物が産卵する産卵容器であって、
水平方向に並設した上方開口の複数の区画と、該複数の区画の下部に位置する給水区画と、該給水区画と前記複数の区画のそれぞれとを連通する貫通孔と、前記複数の区画の上方開口を閉塞する蓋体とを備えることを特徴とするダニ等の微小生物の産卵容器。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002278978thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close