Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR REARING CRUSTACEAN LARVA

METHOD AND APPARATUS FOR REARING CRUSTACEAN LARVA

Patent code P04A005965
File No. 機械・加工・装置-162
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2002-262541
Publication number P2004-097070A
Patent number P3955947
Date of filing Sep 9, 2002
Date of publication of application Apr 2, 2004
Date of registration May 18, 2007
Inventor
  • (In Japanese)村上 恵祐
  • (In Japanese)橋本 博
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人水産研究・教育機構
Title METHOD AND APPARATUS FOR REARING CRUSTACEAN LARVA
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently rear a large amount of crustacean larvae in a high survival rate.
SOLUTION: The single tank type apparatus for rearing crustacean larvae has constitution that crustacean larvae are reared until 30 days after hatching in a rearing water tank in which the peripheral wall of the water tank is vertically rotated at 0.3-1.0 cm moving speed per second. After the passage of 30 days after hatching, the moving speed is 0.3-0.5 cm moving speed per second. The rearing water tank is vertically rotatably attached to a horizontally arranged stationary shaft.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、エビやカニ等の甲殻類の幼生は、単なる固定水槽によって飼育されていたに過ぎなかった。
然しながら、甲殻類の幼生は、例えば伊勢エビのフィロゾーマを初め、一般にバクテリアに弱く、しかも殆ど遊泳力がないために、従来の飼育方によった場合には、水槽の底部に沈殿したエサの腐敗物や老廃物と接触し易い結果、生残率が極めて低いと云う問題があった。因に、沈殿物との接触を防止するために、水槽内の水をエアー攪拌することも考えられるが、甲殻類の幼生は強い水流にも弱いため、実際には採用し得ないものであった。
而して、従来は甲殻類の幼生を、効率良く大量飼育することは困難なのが実状であった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はエビやカニ等の甲殻類の幼生飼育方法及び装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水槽周壁が毎秒0.3~1.0cm移動する速度で上下回転動する飼育水槽中にて、甲殻類の幼生をふ化後30日まで飼育することを特徴とする甲殻類の幼生飼育方法。

【請求項2】
 
水槽周壁が毎秒0.3~0.5cm移動する速度で上下回転動する飼育水槽中にて、ふ化後30日経過後の甲殻類の幼生を飼育することを特徴とする甲殻類の幼生飼育方法。

【請求項3】
 
甲殻類の幼生が、最終齢のフィロゾーマであることを特徴とする請求項2記載の甲殻類の幼生飼育方法。

【請求項4】
 
中空部を有し、かつ水平に設置された固定軸に、当該中空部を利用して給水路及びオーバーフロー排水路が設けられていると共に、飼育水槽が上下回転動自在に取り付けられていることを特徴とする単槽式甲殻類の幼生飼育装置。

【請求項5】
 
飼育水槽が、内周壁面に角部の存在しない断面略楕円形状の槽体から成ることを特徴とする請求項4記載の甲殻類の幼生飼育装置。

【請求項6】
 
飼育水槽が、その外周面と接触して該飼育水槽を回転せしめる駆動輪を備えていることを特徴とする請求項4又は5記載の甲殻類の幼生飼育装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002262541thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close