Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS FOR STRENGTHENING GRINDING POWER OF FORAGE MAT MAKER

APPARATUS FOR STRENGTHENING GRINDING POWER OF FORAGE MAT MAKER

Patent code P04A005969
File No. 機械・加工・装置-166
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2002-372252
Publication number P2004-201523A
Patent number P3733427
Date of filing Dec 24, 2002
Date of publication of application Jul 22, 2004
Date of registration Oct 28, 2005
Inventor
  • (In Japanese)糸川 信弘
  • (In Japanese)池田 哲也
  • (In Japanese)松村 哲夫
  • (In Japanese)猿渡 孝博
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title APPARATUS FOR STRENGTHENING GRINDING POWER OF FORAGE MAT MAKER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To raise the grinding strength while preventing inoperability with clogging of pasture grass by increasing the number of grinding treatment steps of the pasture grass and gradually pressurizing and crushing the pasture grass into a state of a mat.
SOLUTION: An apparatus for strengthening grinding power of a forage mat maker is composed by axially supporting a driving bottom roller 10 at the rear of a pickup mechanism 9 and arranging a transport driving roller 12 and press rollers 13 and 15 opposite to the outer periphery thereof. The apparatus is obtained by arranging a forming roller 18 pressurizing and crushing the pasture grass and forming the pasture grass into the form of the mat at the rear of the transport driving roller 12 and press rollers 13 and 15 on the outer periphery of the driving bottom roller 10 and installing a transport/discharge conveyor 20 transporting the formed forage mat and discharging the formed forage mat onto a field surface under the forming roller 18. The transport driving roller 12 and press rollers 13 and 15 are axially supported by a movable frame 11. Furthermore, the movable frame 11 is pivoted so as to be movable in the direction to approach and separate the outer peripheries of the transport driving roller 12 and press rollers 13 and 15 relatively to the outer periphery of the driving bottom roller 10. Furthermore, a liquid material is filled in the interiors of the press rollers 13 and 15 for raising the grinding strength.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、圃場面に刈倒され、または刈倒されて列状に集草されている牧草をピックアップするピックアップ機構と、機体に軸架された位置固定の固定ローラー及び軸方向に複数個に分割して軸心方向を前記固定ローラーの軸心線に対し平面視で傾斜させて固定ローラーの上方に各別に昇降自在に配置し下降側に付勢した多連の分割プレスローラからなる圧砕・成形機構とを備え、圃場面に刈倒され、または刈倒されて列状に集草されている牧草をピックアップし、圧砕処理してマット状に成形してから圃場面に放出して地干し乾燥させる,牧草の地干し乾燥前処理方法及び地干し乾燥前処理装置(フォレージマットメーカ)が周知である(例えば、特許文献1参照)。



【特許文献1】
特許第2882578号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、牧草の摩砕処理工程を多くし、徐々にマット状に圧砕することにより、牧草の詰まりによる作業不能を防止しながら摩砕強度を高めるようにしたフォレージマットメーカの摩砕力強化装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 圃場面に刈倒され、または刈倒されて列状に集草されている牧草を、ピックアップし、圧砕処理してマット状に成形してから圃場面に放出して地干し乾燥させる,ピックアップ機構及び圧砕・成形機構を備えたフォレージマットメーカにおいて、
前記ピックアップ機構の後方に駆動ボトムローラを軸支し、この駆動ボトムローラの外周と対向して、ピックアップ機構によりピックアップした牧草を駆動ボトムローラとの間で予備圧縮する搬送駆動ローラと、駆動ボトムローラとの間で牧草を摩砕する複数のプレスローラとを連続して配設したことを特徴とするフォレージマットメーカの摩砕力強化装置。
【請求項2】
 前記駆動ボトムローラの外周で、搬送駆動ローラ及び複数のプレスローラの後方に位置して、駆動ボトムローラとプレスローラにより摩砕された牧草を、駆動ボトムローラとの間でマット状に圧砕してフォレージマットを成形する成形ローラを配設し、この成形ローラの下方に、成形されたフォレージマットを受けて搬送し圃場面に排出する搬送・排出コンベアを設けたことを特徴とする請求項1記載のフォレージマットメーカの摩砕力強化装置。
【請求項3】
 前記搬送駆動ローラ及び複数のプレスローラを、駆動ボトムローラを軸支した固定フレームとは別の可動フレームに軸支し、この可動フレームを固定フレームに対し、駆動ボトムローラの外周に対して搬送駆動ローラ及び複数のプレスローラの外周が接近あるいは離間する方向に移動可能に枢支したことを特徴とする請求項1又は2記載のフォレージマットメーカの摩砕力強化装置。
【請求項4】
 前記プレスローラ内に、牧草の通過抵抗によりプレスローラの回転力が低下するのを軽減するための液状体を充填したことを特徴とする請求項1、2又は3記載のフォレージマットメーカの摩砕力強化装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002372252thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close