Top > Search of Japanese Patents > SMALL VIRUS CAPABLE OF GROWING AND LYSING ALGAE BY SPECIFICALLY INFECTING RED TIDE PLANKTON, METHOD FOR CONTROLLING RED TIDE AND AGENT FOR CONTROLLING RED TIDE USING THE VIRUS AND METHODS FOR ISOLATING, EXTRACTING, SUCCESSIVELY SUBCULTURING, PRESERVING AND CONCENTRATING THE VIRUS

SMALL VIRUS CAPABLE OF GROWING AND LYSING ALGAE BY SPECIFICALLY INFECTING RED TIDE PLANKTON, METHOD FOR CONTROLLING RED TIDE AND AGENT FOR CONTROLLING RED TIDE USING THE VIRUS AND METHODS FOR ISOLATING, EXTRACTING, SUCCESSIVELY SUBCULTURING, PRESERVING AND CONCENTRATING THE VIRUS

Patent code P04A005999
File No. 植物バイオ-143
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2002-027978
Publication number P2003-225086A
Patent number P3654522
Date of filing Feb 5, 2002
Date of publication of application Aug 12, 2003
Date of registration Mar 11, 2005
Inventor
  • (In Japanese)長崎 慶三
  • (In Japanese)山口 峰生
  • (In Japanese)樽谷 賢治
  • (In Japanese)外丸 裕司
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人水産研究・教育機構
Title SMALL VIRUS CAPABLE OF GROWING AND LYSING ALGAE BY SPECIFICALLY INFECTING RED TIDE PLANKTON, METHOD FOR CONTROLLING RED TIDE AND AGENT FOR CONTROLLING RED TIDE USING THE VIRUS AND METHODS FOR ISOLATING, EXTRACTING, SUCCESSIVELY SUBCULTURING, PRESERVING AND CONCENTRATING THE VIRUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain small virus capable of growing and lysing algae by specifically infecting red tide plankton, provide a method for controlling the red tide using the virus, obtain an agent for controlling a red tide, provide methods for isolating, extracting, successively subculturing, freeze-preserving and concentrating the virus.
SOLUTION: The virus grows by specifically infecting algae of the genus Heterocapsa and has a particle size of <0.1 μm. The method for isolating the virus includes a process to filter a liquid sample containing the virus with a filter having a pore size of 0.1 μm, inoculate the filtrate to a culture solution of algae of the genus Heterocapsa and culture the filtrate and cloning the virus by diluting the culture solution in which lysis of the algae of the genus Heterocapsa is observed. The red tide-controlling agent contains the virus as an effective component. The method for controlling the red tide is to scatter the virus in a red tide area. The methods for isolating, extracting, successively culturing, freeze-preserving and concentrating the virus are provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


わが国の海面養殖業は、国内漁業生産額全体の約1/4を占めている。この振興にあたっては、とくに養殖漁場の環境保全を図ることが不可欠であり、なかでも深刻な被害を引き起こす赤潮に対する有効な対策の推進がきわめて重要である。



1980年代末にわが国に出現した赤潮原因藻ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマは、カキ、アサリ、真珠貝等の貝類を特異的に斃死させる性質を持ち、日本各地の二枚貝養殖産業に深刻な被害をもたらしてきた渦鞭毛藻の一種である。その損害額は1998年の広島カキへの被害だけで約39億円、累計では100億円を突破するものと思われる。世界で初めてのヘテロカプサ赤潮が発生した1988年当初は高知県浦ノ内湾でのみ本種細胞が確認されたが、ヘテロカプサは驚異的な速さでその分布域を広げてきており、現在では熊本県から福井県・静岡県までの西日本沿岸域に広く分布している。日本の周辺国への本種の移出は未だ確認されていないものの、貿易船舶のバラスト水を介した有害有毒プランクトンの国際間移送の事例も知られていることから、本種の分布動態には十分な監視体制が必要である。



こうした背景の下、貝類養殖業者ならびに彼らを抱える我が国各地の自治体からは、ヘテロカプサ赤潮に対する具体的対策の確立が強く望まれている。これまでのところ、ヘテロカプサ赤潮に対する具体的な対策は、「継続的なモニタリングによるヘテロカプサ発生状況の把握」および「養殖筏の赤潮域からの移動」以外には全くないのが現状である。しかしながら、赤潮発生域からの養殖筏の移動は、ヘテロカプサ細胞も同時に移植してしまう危険性を孕んでおり、養殖業者には筏移動についての慎重な対応が望まれている。



1999年にはヘテロカプサ・サーキュラリスカーマを宿主とする大型の2本鎖DNAウイルス(HcV: Heterocapsa circularisquama virus)が分離され、本種による赤潮の防除に向けた応用の可能性が現在も鋭意検討されているところである。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、赤潮プランクトンに特異的に感染して増殖・溶藻しうる小型ウイルス、該ウイルスを利用する赤潮防除方法および赤潮防除剤、並びに該ウイルスの単離方法、抽出方法、継代培養方法、保存方法、および濃縮方法に関し、より詳細には、ヘテロカプサ属の藻類に特異的に感染して増殖しうる小型ウイルス、該ウイルスを利用する赤潮防除方法および赤潮防除剤、並びに該ウイルスの単離方法、抽出方法、継代培養方法、凍結保存方法、および濃縮方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルス

【請求項2】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを含有する液体試料を0.1μm孔径のフィルターで濾過し、得られた濾液をヘテロカプサ属の藻類の培養液に接種して培養を行い、ヘテロカプサ属の藻類の溶藻が観察された培養液を限界希釈することにより前記ウイルスをクローニングする工程を含む、ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスの単離方法。

【請求項3】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを含有する海底泥を液体に懸濁させ、得られた懸濁液を遠心分離して上清を採取することを含む、ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを海底泥から抽出する方法。

【請求項4】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスに感染して、溶藻が確認されたヘテロカプサ属の藻類の培養液を遠心処理し、得られた上清をヘテロカプサ属の藻類の培養液に接種して培養を行う操作を少なくとも1回繰り返す工程を含む、ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを継代培養する方法。

【請求項5】
 
培養を、温度20~25℃、光強度40~200μmol photons m-2 s-1、明暗周期を与えた条件下で行う請求項4載の方法。

【請求項6】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスに感染した宿主の培養液または該培養液を濃縮して得られた懸濁液を凍結保護剤と混合し、該混合物を凍結保存することを含む、ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを保存する方法。

【請求項7】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスに感染した宿主の培養液を遠心分離により濃縮することを含む、ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを濃縮する方法。

【請求項8】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを有効成分として含む赤潮防除剤。

【請求項9】
 
ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマに特異的に感染して増殖しうるウイルスであって、尾部構造および外膜構造を欠き、粒径約2030 nmの球形であり、規則的な結晶構造をとらず、DAPI染色により染色されないウイルスを赤潮水域に散布することを含む赤潮防除方法。

【請求項10】
 
ウイルスを固定化剤に包埋して、貝類養殖筏に設置する請求項9記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002027978thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close