Top > Search of Japanese Patents > INDUCTION METHOD OF ADVENTITIOUS ROOT AND INDUCTION METHOD OF ADVENTITIOUS BUD OF FIG TREE

INDUCTION METHOD OF ADVENTITIOUS ROOT AND INDUCTION METHOD OF ADVENTITIOUS BUD OF FIG TREE

Patent code P04A006007
File No. 植物バイオ-151
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2002-291986
Publication number P2004-121133A
Patent number P3787624
Date of filing Oct 4, 2002
Date of publication of application Apr 22, 2004
Date of registration Apr 7, 2006
Inventor
  • (In Japanese)薬師寺 博
  • (In Japanese)佐藤 義彦
  • (In Japanese)間瀬 誠子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title INDUCTION METHOD OF ADVENTITIOUS ROOT AND INDUCTION METHOD OF ADVENTITIOUS BUD OF FIG TREE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an adventitious root and adventitious bud of a fig tree.
SOLUTION: The induction method of the adventitious root involves culturing tissue fragments of the adventitious root or the adventitious bud in the presence of phloroglucinol to induce the adventitious root or the adventitious bud.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、いくつかの果樹で不定芽、不定根ならびに不定胚が植物片より誘導され、さらにはアグロバクテリウム法によって遺伝子組換え体の作出が報告されている。しかし、イチジクでは、これまで不定芽誘導、不定胚誘導やプロトプラストからの植物体再生した報告例はない。したがって、イチジクに関しては、遺伝子組換え体の作出技術が確立されていない。



イチジクは近年生長著しい樹種の一つであるが、耐病性や耐寒性などの克服や生理機能の解明のためには、遺伝子組換え体の作出技術の確立が不可欠である。イチジク(Ficus carica L.)の組織培養では、成長点培養(非特許文献1、2及び3参照)、腋芽培養(非特許文献4参照)、花蕾からのシュート形成(非特許文献5及び6参照)の報告がある。しかしながら、いずれの方法も器官形成を伴っていない。加えて、プロトプラストからの植物体再生や不定胚誘導についても報告はない。
イチジクに関する不定芽・不定根誘導技術の確立によって、遺伝子組換え体作出技術の重要な制約条件を解決でき、今後のイチジク遺伝子組換え技術の中核技術の一つになり得る。



【非特許文献1】
Muriithi LM, Rangan TS, Waite BH (1982) In vitro propagation of fig through shoot tip culture. HortScience 17: 86-87.
【非特許文献2】
Pontikis CA, Melas P (1986) Micropropagation of Ficus carica L. HortScience 21: 153.
【非特許文献3】
古川 真(1996) イチジクにおける生長点培養について.平成8年度園芸学会近畿支部研究発表要旨:4.
【非特許文献4】
Kumar V, Radha A, Kumar Chitta S (1998) In vitro plant regeneration of fig (Ficus carica L. cv. gular) using apical buds from mature trees. Plan Cell Reports 17: 717-720.
【非特許文献5】
宇都宮直樹・高野秦信・中原 香(1996)In vitroでのイチジク花蕾からのシュート形成.平成8年度園芸学会近畿支部研究発表要旨:2.
【非特許文献6】
仙頭 愛・神崎真哉・高松善博・宇都宮直樹(2000)In vitro下におけるイチジク幼果からのシュート形成に関する研究.園芸学会雑誌(別冊2)69:130.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、イチジク(フィカス・カリカ(Ficus carica L.))の不定根及び不定芽の誘導方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
  イチジク(フィカス・カリカ(Ficus carica L.))由来の組織片を、フロログルシノール及びサイトカイニン存在下にて培養することを特徴とするイチジクの不定芽誘導方法。
【請求項2】
  フロログルシノールの濃度を0.1~1.0mMの範囲とし、サイトカイニンの濃度を0.01~10.0ppmの範囲とすることを特徴とする請求項1記載のイチジクの不定芽誘導方法。
【請求項3】
  上記サイトカイニンがチジアズロンであることを特徴とする請求項1又は2記載のイチジクの不定芽誘導方法。
【請求項4】
  フロログルシノール及びサイトカイニンを有効成分とするイチジクの不定芽誘導剤。
【請求項5】
  上記サイトカイニンがチジアズロンであることを特徴とする請求項4記載のイチジクの不定芽誘導剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

15917_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close