Top > Search of Japanese Patents > NEMATODE INJURY INHIBITORY COMPOSITION AND INHIBITION OF NEMATODE INJURY

NEMATODE INJURY INHIBITORY COMPOSITION AND INHIBITION OF NEMATODE INJURY

Patent code P04A006013
File No. 植物バイオ-157
Posted date Feb 16, 2005
Application number P1999-189274
Publication number P2001-010916A
Patent number P3557454
Date of filing Jul 2, 1999
Date of publication of application Jan 16, 2001
Date of registration May 28, 2004
Inventor
  • (In Japanese)皆 川 望
  • (In Japanese)水久保 隆 之
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title NEMATODE INJURY INHIBITORY COMPOSITION AND INHIBITION OF NEMATODE INJURY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain the subject composition capable of outstandingly diminishing plant damages due to nematodes and thereby enabling agricultural production to be improved while maintaining the biological diversity in soil by using a combination of bacteria belonging to the genus Pasteuria with an amino acid.
SOLUTION: This composition is obtained by including (A) bacteria belonging to the genus Pasteuria (e.g. Pasteuria penetrans) and (B) an amino acid (e.g. methionine) at the rate of pref. 1×1010 to 1×1012 kg of the ingredient A per kg of the ingredient B. Optionally, soil may be spread with the ingredient A at 3×106 to 1×108 and the ingredient B at 100-300 mg each per L of the soil.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


発明の分野
本発明は、植物に寄生しその生育を妨げる線虫による植物被害の抑制のための組成物およびこのような線虫による被害を抑制する方法に関し、更に詳細には、線虫に寄生するパスツーリア属細菌を用いた線虫害抑制用組成物および線虫害抑制法に関する。



線虫に寄生するパスツーリア属細菌(Pasteuria sp.)を用いて植物加害線虫による作物の被害を軽減しうることは、例えば、Phytopathology, Vol.74, pp.55-60 (1984)に記載されている。



しかしながら、パスツーリア属細菌は線虫の絶対寄生菌であり、人工培地による大量増殖ができないことから、安価に有効量を得ることは困難である。パスツーリア属細菌を極めて大量に施用すると、土壌中に高密度で生息する線虫の移動分散ステージ(発育初期段階の幼虫)を減少させることができるが、実施は経済的に困難である。



また、多量に施用すると線虫が死亡するだけでパスツーリア属細菌の増殖は起こらない。少ない量のパスツーリア属細菌を用いて線虫による作物被害を効果的に軽減するために、現在は、必要最少量を圃場に施用し、比較的低密度で生息する線虫の増殖ステージ(雌成虫)に寄生させて線虫の増殖(産卵数)を抑制すると同時に、併せて、線虫の体内でパスツーリア属細菌を増殖させて、圃場における細菌密度を高めていく方法が取られている。このため、施用から線虫駆除の効果が得られるまで12ヶ月以上の期間を要し、施用してから短期間に線虫被害の抑制効果を期待することはできなかった。



一方、アミノ酸もしくはメチオニンが、線虫の寄生による作物の被害を抑制することは、Ann. Rev. Phytpathol., Vol.4, pp.349-368 (1966) やNematologica, Vol.17, pp.495-500 (1971) 等に記載されている。



しかし、アミノ酸、例えば、メチオニンは、有機合成農薬と比較して高価であり、しかも従来の知見では多くの施用量を必要としていた。また、線虫による作物被害を抑制する施用量と作物に薬害を発生する量に大きな差が認められないこともあって、線虫害の抑制に使用できなかった。



また、有機リン系殺虫剤およびカーバメート系殺虫剤とパスツーリア属細菌を組み合わせることが特開昭62-29506号および特開昭62-195315号に開示されている。



しかし、即効性がある農薬は人畜毒性が高いため、あるいは環境負荷が大きいため、広範には使用し得ない。また、これらの農薬は、本来は防除対象としない土壌に生息する多様な生物にまで影響を与える。この結果、農薬の施用は、土壌生物相の密度と多様性を低下させ、元来、環境が有する物質循環等の機能の低下や生物相の不安定化に伴う線虫害の多発傾向を生じさせる。このため、農薬の連用を余儀なくされて、農薬依存の農業生産技術から脱却できないという問題を有していた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、植物に寄生しその生育を妨げる線虫による植物被害の抑制のための組成物およびこのような線虫による被害を抑制する方法に関し、更に詳細には、線虫に寄生するパスツーリア属細菌を用いた線虫害抑制用組成物および線虫害抑制法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 パスツーリア属細菌とアミノ酸とを含んでなる、線虫害抑制用組成物。
【請求項2】
 アミノ酸が、メチオニン、アラニン、ロイシン、フェニルアラニン、バリン、もしくはエチオニン、またはこれら全部もしくは一部の混合物である、請求項1に記載の組成物。
【請求項3】
 パスツーリア属細菌を、アミノ酸1kgあたり1×1010~1×1012の割合で含む、請求項1または2に記載の組成物。
【請求項4】
 パスツーリア属細菌とアミノ酸とを土壌に散布することを含む、線虫害を抑制する方法。
【請求項5】
 土壌1リットルあたり、パスツーリア属細菌を3×106~1×108個、アミノ酸を100~300mg散布する、請求項4に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

09616_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close