Top > Search of Japanese Patents > Ran GENE VARIANT OF PLANT, AND METHOD FOR PROMOTING FLOWERING TIME OF PLANT BY USING THE VARIANT

Ran GENE VARIANT OF PLANT, AND METHOD FOR PROMOTING FLOWERING TIME OF PLANT BY USING THE VARIANT

Patent code P04A006015
File No. 植物バイオ-159
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2001-152679
Publication number P2002-335970A
Patent number P3564537
Date of filing May 22, 2001
Date of publication of application Nov 26, 2002
Date of registration Jun 18, 2004
Inventor
  • (In Japanese)小林 万紀子
  • (In Japanese)若狭 暁
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title Ran GENE VARIANT OF PLANT, AND METHOD FOR PROMOTING FLOWERING TIME OF PLANT BY USING THE VARIANT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To discover the effect given by a Ran gene variant of a plant to the plant, and to modify the plant by utilizing the variant.
SOLUTION: The variant as the Ran gene derived from rice is produced, and the effect of the variant in the plant is verified by utilizing Arabidopsis thaliana. As a result, surprisingly, it is discovered that the flowering time of the Arabidopsis thaliana having the rice Ran gene variant transduced thereto is promoted. This fact means that the flowering time of the plant can be promoted by utilizing the Ran gene variant of the plant, and such modification of the plant utilizing the Ran gene variant can be applied widely on the plants over the wall of species. For example, the harvesting times of the plant for appreciation and a useful field crop, or the like, is hastened and the harvested products can be shipped to the market in early stage.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



植物において開花を促進することは園芸や農業の分野において重要な意義を有する。植物の開花時期を促進することによって、例えば観賞用植物においては、商品を市場へ提供するまでの期間を短縮させること、イネなどの有用農作物においては収穫までの期間を短縮させることが可能となる。さらに、植物の開花時期を促進することによって、観賞用植物や有用農作物の増産が可能となる。





植物の開花時期の促進に関する研究としては、近年分子遺伝学的研究において解析が行われ報告されている。花成時期に関与する遺伝子としては、具体的にはCO、FT、SOC1遺伝子が知られており、特に、FT遺伝子においては、LFY遺伝子を同時に強制発現すると早期に花成が誘導される(「花成を制御する複数の経路を統合する遺伝子」荒木崇、化学と生物、38巻、12号、826-829、2000年発行)。





一方、核膜の形成や、有糸分裂の際の微小管の形成や細胞周期の制御など生体内の非常に重要な現象に関与する因子としてRanタンパク質が知られている。Ranタンパク質はsmall GTPase と呼ばれる一群のタンパク質のファミリーに属する。このファミリーのタンパク質には、GTP結合型とGDP結合型の2種類の存在形態があり、その変換のサイクルが生体機能に重要であることが一般に知られている。GTP結合型Ranタンパク質はおもに核内に、GDP結合型Ranタンパク質は主に細胞質に存在し、タンパク質などの生体物質の輸送の方向性を規定していると考えられている。





最近、酵母や動物のRanタンパク質の解析から、N末端側に存在するスレオニン残基をアスパラギン残基に置き換えると、GTPに対する親和性が著しく低下することが明らかとなった。しかしながら、この変異の生体に対する影響は解明されていない。特に、この変異体が植物に与える影響に関する報告例は皆無である。

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、植物のRan遺伝子変異体、および該変異体を用いた植物の開花時期促進に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
植物の開花時期を促進するDNAであって、配列番号:1に記載のイネ由来の野生型Ranタンパク質のアミノ酸配列の27位のスレオニン残基、または他の植物由来のRanタンパク質のアミノ酸配列のそれと対応する部位のアミノ酸残基に、スレオニン残基からアスパラギン残基への置換変異を有するRanタンパク質変異体をコードするDNA

【請求項2】
 
請求項1に記載のDNAを含むベクター。

【請求項3】
 
請求項1に記載のDNAを発現可能に保持する形質転換植物細胞。

【請求項4】
 
請求項3に記載の形質転換植物細胞を含む形質転換植物体。

【請求項5】
 
請求項4に記載の形質転換植物体の子孫またはクローンである、形質転換植物体。

【請求項6】
 
請求項4または5に記載の形質転換植物体の繁殖材料。

【請求項7】
 
請求項1に記載のDNAを植物に導入することを特徴とする植物の開花時期を促進する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

09618_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close