Top > Search of Japanese Patents > NEW BACTERIOCIN AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NEW BACTERIOCIN AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P04A006025
File No. 食品-48
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2000-152586
Publication number P2001-335597A
Patent number P3472804
Date of filing May 24, 2000
Date of publication of application Dec 4, 2001
Date of registration Sep 19, 2003
Inventor
  • (In Japanese)島 純
  • (In Japanese)川本 伸一
  • (In Japanese)森 勝美
  • (In Japanese)大桃 定洋
  • (In Japanese)緒方 靖哉
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title NEW BACTERIOCIN AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an antibacterial product derived from lactic acid bacteria, having no problem on safety and then applicable to a food industry, and to provide a method for efficiently producing the antibacterial product.
SOLUTION: This method for producing enterocin SE-K4 is characterized by culturing the enterocin SE-K4 and has the following properties and Enterococcus faecalis K-4 strain (FERM BP-7162) and collecting the new bacteriocin from the culture. The enterocin SE-K4 (a) has about 5 kDa molecular weight [measured by a sodium dodecyl sulfate (SDS)-polycrylamide gel electrodphoresis], (b) has antibacterial activity to Enterococcus faecium, (c) has heat resistance, (d) has antibacterial actions on food poisoning bacteria and (e) has a sequence represented by sequence number 1 in the sequence table (refer to the specification) in an amino acid sequence having an N terminal.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


食品の腐敗や品質の低下等を防止する目的で、食品保存料が種々の食品に添加されている。かかる食品保存料としては、これまでは主に化学的に合成された食品保存料が用いられている。しかしながら、化学的に合成された食品保存料の大量摂取は、人間にとって健康面から好ましくない。その原因の1つは、化学合成保存料が人体内で容易に分解されないことである。このような問題を解決するためには、人体内で容易に分解される抗菌性物質の開発が必要である。ところで、乳酸菌は、古来より醤油、味噌、漬け物、日本酒等の様々な発酵食品や発酵飲料の生産に利用されている有用な微生物の1つである。乳酸菌を発酵食品等の製造過程で用いることにより、乳酸発酵が行われて産生された乳酸によって系のpHが低下したり、該乳酸菌が抗菌性物質を産生したりすることで、製造過程及び製品中での雑菌等の生育を阻害することが可能となり、製品の腐敗や品質の低下を防ぐことができる。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規バクテリオシンであるエンテロシンSE-K4、該バクテリオシンの製造方法に関し、詳しくは抗菌性ペプチドである新規バクテリオシンとその製造方法に関する。この抗菌性ペプチドは、食品保存料等として有用である。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記の性質を有する新規バクテリオシン、エンテロシンSE-K4。(a)分子量:約5kDa(SDS-ポリアクリルアミド電気泳動法による)(b)エンテロコッカス・ファセウムに対し抗菌活性を有する(c)耐熱性を有する(d)食中毒菌に対し抗菌作用がある(e)N末端アミノ酸配列:配列表の配列番号1記載の配列を有する

【請求項2】
 
エンテロコッカス・フェカリスK-4株(FERM BP-7162)を培養し、培養物から請求項1記載の新規バクテリオシン、エンテロシンSE-K4を採取することを特徴とする新規バクテリオシン、エンテロシンSE-K4の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1記載の新規バクテリオシン、エンテロシンSE-K4の生産能を有するエンテロコッカス・フェカリスK-4株(FERM BP-7162)。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

09628_04SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close