Top > Search of Japanese Patents > INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR OF ALLERGEN, INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR COMPLEX OF ALLERGEN, FOOD MATERIAL CONTAINING INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR OF ALLERGEN OR ITS COMPLEX, AND PREVENTION/TREATMENT METHOD

INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR OF ALLERGEN, INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR COMPLEX OF ALLERGEN, FOOD MATERIAL CONTAINING INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR OF ALLERGEN OR ITS COMPLEX, AND PREVENTION/TREATMENT METHOD

Patent code P04A006038
File No. 食品-64
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2003-053933
Publication number P2004-262815A
Patent number P4002973
Date of filing Feb 28, 2003
Date of publication of application Sep 24, 2004
Date of registration Aug 31, 2007
Inventor
  • (In Japanese)渡辺 道子
  • (In Japanese)中嶋 光敏
  • (In Japanese)川端 潤
  • (In Japanese)小林 彰子
  • (In Japanese)渡辺 純
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR OF ALLERGEN, INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR COMPLEX OF ALLERGEN, FOOD MATERIAL CONTAINING INTESTINAL TRACT PERMEATION INHIBITOR OF ALLERGEN OR ITS COMPLEX, AND PREVENTION/TREATMENT METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an inhibitor complex which is highly safe as a low-cost foodstuff and has excellent inhibitory effect of intestinal tract permeation on allergen.
SOLUTION: When chitosan is brought into contact with a defatted sesame extract (TSE), TSE is combined with the amino group of the chitosan to form fine particles, and the complex which comprises an active polyphenol analogous compound and/or an active peptide being active ingredients in TSE retained in the fine particles is obtained. The formation of the complex prevents intrusion of a digestive enzyme such as protease and the complex controls decomposition.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


過敏な免疫反応により下痢、皮膚炎、喘息などの症状が現れる食物アレルギーは、アレルゲン(アレルギー原因物質)の腸管からの体内への吸収(透過)によって惹起される。アレルゲンの原因食品としては、卵、牛乳、小麦、蕎麦、海老、ピーナッツなどが挙げられ、これら食材を通常の食生活から完全に排除することは困難である。



また、食物アレルギーは3段階の過程を経て発症する。第1段階はアレルゲンの腸管吸収、第2段階は免疫細胞による情報伝達、第3段階は肥満細胞の脱顆粒である。
第1段階のアレルゲンの腸管吸収は、腸管の粘膜表層細胞同士を洩れなくシールし表層細胞の周囲を鉢巻状に取り囲んでいるタイト・ジャンクション間を透過して吸収されると言われており、このタイト・ジャンクション間の透過を阻止するアレルゲンの腸管透過抑制剤として、ホエー蛋白質(牛乳から脂肪とカゼインを除いた成分)が有効であるとの提案がなされている。(特許文献1)



【特許文献1】
特開平8-73375号公報



上記(特許文献1)に挙げられる物質以外に、本発明者らは芳香族アミノ酸を一部に含むペプチドやポリフェノール類縁化合物がアレルゲンの腸管透過抑制剤として有効であるとの知見を得た(特願2002-161695)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、アレルゲンの腸管透過抑制剤とその複合体、更にはこれらを含有した食品素材およびこれらを用いたアレルギーの予防・治療方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
油糧種子由来の活性ポリフェノール類縁化合物を有効成分とするアレルゲンの腸管透過抑制剤であって、前記活性ポリフェノール類縁化合物は以下の構造式(化1)、(化2)で特定されることを特徴とするアレルゲンの腸管透過抑制剤。
【化1】
 


セサミノール 2'-O-ベータ-グルコピラノシル-O-[ベータ-グルコピラノシル(1→6)]-O-ベータ-グルコピラノシド
【化2】
 


セサミノール 2'-O-ベータ-グルコピラノシル(1→2)-O-ベータ-グルコピラノシド

【請求項2】
 
前記油糧種子は黒ゴマ、大豆またはトウモロコシである請求項1に記載のアレルゲンの腸管透過抑制剤。

【請求項3】
 
油糧種子抽出物とキトサンとが結合して形成される微細粒子に、請求項1または請求項2に記載のアレルゲンの腸管透過抑制剤が保持されていることを特徴とするアレルゲンの腸管透過抑制剤複合体。

【請求項4】
 
前記微細粒子は油糧種子抽出物中の酸性高分子量化合物とキトサンのアミノ基とが結合することで形成されることを特徴とする請求項3に記載のアレルゲンの腸管透過抑制剤複合体。

【請求項5】
 
前記微細粒子は懸濁液または粉体の状態で存在することを特徴とする請求項4に記載のアレルゲンの腸管透過抑制剤複合体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003053933thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close