Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR DRYING AND PRESERVING TISSUE OF MULTICELLULAR ORGANISM AT NORMAL TEMPERATURE

METHOD FOR DRYING AND PRESERVING TISSUE OF MULTICELLULAR ORGANISM AT NORMAL TEMPERATURE

Patent code P04A006087
File No. 動物バイオ-88
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2003-072585
Publication number P2004-275107A
Patent number P3819862
Date of filing Mar 17, 2003
Date of publication of application Oct 7, 2004
Date of registration Jun 23, 2006
Inventor
  • (In Japanese)奥田 隆
  • (In Japanese)渡邊 匡彦
  • (In Japanese)黄川田 隆洋
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR DRYING AND PRESERVING TISSUE OF MULTICELLULAR ORGANISM AT NORMAL TEMPERATURE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To gradually dry a tissue of a multicellular organism under culturing, and to revive the tissue after being completely dehydrated by adding water again.
SOLUTION: The method comprises soaking the tissue of the multicellular organism in a heat-treated body fluid medium of an insect, and drying the soaked tissue for ≥48 hr.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


単細胞生物の保存は各種の方法で簡単に行えるが、多細胞生物の組織(臓器、食肉、生鮮野菜等)の保存は、これまで冷蔵および冷凍条件下で行なうのが常識であった。しかしながら、低温保存、あるいは低温輸送には莫大なエネルギーの投与および環境汚染を引き起こすとされる冷媒を必要とする。



アメリカ、カリフォルニア(研究機関名:Center for Molecular Genetics, UCSD School of Medicine)のLevine博士のグループは、人間の筋肉繊維細胞に大腸菌由来のトレハロース合成酵素を導入し、発現させ細胞の乾燥耐性を著しく高めた。すなわち乾燥24時間後、細胞内の水の含量はほぼゼロと計測された時点で細胞を水に戻したところ、コントロール区では細胞は全て致死したが、トレハロースを発現させた区のものは25~60%が生命活性を示した(技術文献1)。



しかし、乾燥期間が3日を超えると細胞の蘇生率は著しく低下した。これは致死過程の乾燥組織をトレハロースによってわずかな期間だけ酵素活性の失活を延長させたに過ぎない。なぜなら細胞内の水含量がゼロになると理論的には代謝活動が止まり、もしその時点で蘇生可能な潜在能力が残されているとしたら、乾燥後の時間の長さに関係なく蘇生率はあるレベルを維持するはずである。
彼等の結果からトレハロースの蓄積は細胞の乾燥耐性には必要条件だが、十分条件ではないことが明らかである。彼等の系には多くの解決すべき問題点が残されている。



Ning Guo et al. (2000) Trehalose expression confers desiccation tolerance on human cells. NatureBiotechnology(18)168-171
Hinton H.E. (1951) A new chironomid from Africa, the larva of which can be dehydrated without injury. Proc. Zool.Soc.Lond.121,371-380
Denlinger D.L. (1985) Hormonal control of diapause. In Comparative Insect Physiology, Biocjemistry and Pharmacology (ed.G.A. Kerkut and L. Gilbert), pp.354-412. Oxford: Pargamon Press.

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、多細胞生物の組織の常温乾燥保存方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ネムリユスリカの幼虫の組織を熱処理した昆虫の体液に浸漬し、48時間以上乾燥させることを特徴とするネムリユスリカの組織の乾燥保存方法。

【請求項2】
 
ネムリユスリカの幼虫が入った乾燥容器を湿度5%以下のデシケーター内に入れ、乾燥容器内の蒸留水を220~230μl/24時間の割合で48時間以上蒸発させることを特徴とするネムリユスリカの組織の乾燥保存方法。

【請求項3】
 
湿度:80%、光周期:13時間(明期)、11時間(暗期)で飼育したネムリユスリカの幼虫の組織を、熱処理した昆虫の体液に浸漬し、48時間以上乾燥させることを特徴とするネムリユスリカの組織の乾燥保存方法。

【請求項4】
 
湿度:80%、光周期:13時間(明期)、11時間(暗期)で飼育したネムリユスリカの幼虫が入った乾燥容器を湿度5%以下のデシケーター内に入れ、乾燥容器内の蒸留水を220~230μl/24時間の割合で48時間以上蒸発させることを特徴とするネムリユスリカの組織の乾燥保存方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

16013_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close