Top > Search of Japanese Patents > SILK PROTEIN FILM AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

SILK PROTEIN FILM AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P04A006092
File No. 有機材料-56
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2001-400222
Publication number P2003-192807A
Patent number P3803962
Date of filing Dec 28, 2001
Date of publication of application Jul 9, 2003
Date of registration May 19, 2006
Inventor
  • (In Japanese)馬越 淳
  • (In Japanese)田中 稔久
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title SILK PROTEIN FILM AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new silk protein film, having biodegradability, capable of being applied to a multi-functional film as an environment-maintaining type protein material and drawing an attention to the simplification of the production process and making the material as transparent.
SOLUTION: This silk protein film consists of the silk protein as a main component, and is prepared as a cast film by drying an aqueous silk protein solution under an inert gas atmosphere in which carbon dioxide gas presents in a minute amount or does not present at all.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来より、フィルム材料として、合成樹脂や天然樹脂由来の各種のものが知られており、その一種としてタンパク質のフィルムが、不織布や生体適合性膜として、利用されてきている。そして、コラーゲン等のタンパク質フィルムは、各種の用途において注目されているものである。



しかしながら、従来産業や社会生活において用いられているフィルムの圧倒的に多くのものは、そのいずれもが石油系原料等より製造された合成樹脂のフィルムである。これらの合成樹脂フィルムは、資源、エネルギー多消費型であり、廃棄物としての処分が容易ではない。そこで、生分解性を有し、環境調和型の材料としてタンパク質フィルムが注目されるところではあるが、従来では、製造工程が多いため、エネルギー多消費型となり、環境負荷が大きいという問題を有している。



この出願の発明は、以上のとおりの事情に鑑みてなされたものであり、従来の合成樹脂フィルムに代わるものとして、生分解性を有し、環境保全型のタンパク質材料として、医療材料や食品材料等への応用が可能で、しかも従来のタンパク質材料に代わるものとして、製造過程の簡易化、材料の透明化等が注目される、カイコやクモから得られる絹フイブロインとセリシンを用いた絹タンパク質材料として、新しい絹タンパク質フィルムを提供することを課題としている。

Field of industrial application (In Japanese)


この出願の発明は、絹タンパク質フィルムとその製造方法に関するものである。



さらに詳しくは、この出願の発明は、生分解性の環境調和型の新しい材料を提供可能とし、高強度、高弾性な多機能性フィルムとして、医療材料や食品材料等として有用な、絹タンパク質フィルムとその製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
不活性雰囲気としての窒素ガス雰囲気、希ガス雰囲気あるいは真空減圧雰囲気下で乾燥させて製造される、絹タンパク質からなる水溶液のキャストフィルムであることを特徴とする絹タンパク質フィルム。

【請求項2】
 
絹タンパク質がフイブロインおよびセリシンの少くともいずれかであることを特徴とする請求項1の絹タンパク質フィルム。

【請求項3】
 
絹タンパク質が天然に産出されたもの、および人為的に合成もしくは改変されたものの少くともいずれかであることを特徴とする請求項1または2の絹タンパク質フィルム。

【請求項4】
 
請求項1ないし3のいずれかの絹タンパク質フィルムの製造方法であって、不活性雰囲気としての窒素ガス雰囲気、希ガス雰囲気あるいは真空減圧雰囲気下で、絹タンパク質からなる水溶液膜を乾燥することを特徴とする絹タンパク質フィルムの製造方法。

【請求項5】
 
請求項1ないし3のいずれかの絹タンパク質フィルムの製造方法であって、不活性雰囲気としての窒素ガス雰囲気、希ガス雰囲気あるいは真空減圧雰囲気下で、絹タンパク質からなる水溶液膜を乾燥とともに、もしくは、乾燥後に延伸することを特徴とする絹タンパク質フィルムの製造方法。

【請求項6】
 
絹タンパク質がフイブロインおよびセリシンの少くともいずれかであることを特徴とする請求項4または5の絹タンパク質フィルムの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2001400222thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close