Top > Search of Japanese Patents > COCOON FILAMENT STRUCTURE AS MEDICAL BASE MATERIAL AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

COCOON FILAMENT STRUCTURE AS MEDICAL BASE MATERIAL AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

Patent code P04A006100
File No. 有機材料-65
Posted date Feb 16, 2005
Application number P2002-341026
Publication number P2004-173772A
Patent number P3840541
Date of filing Nov 25, 2002
Date of publication of application Jun 24, 2004
Date of registration Aug 18, 2006
Inventor
  • (In Japanese)高林 千幸
  • (In Japanese)竹澤 俊明
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title COCOON FILAMENT STRUCTURE AS MEDICAL BASE MATERIAL AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cocoon filament structure that can be used for a medical base material such as an artificial blood vessel, and a manufacturing method therefor.
SOLUTION: The structure is made by closely winding cocoon filaments 3 or blended fibers of the cocoon filaments and synthetic fibers other than the cocoon filaments into a prescribed solid by combining the action of knitting on a braid making principle or by a rightward and leftward moving entanglement and gluing the cocoon filaments or the blended fibers by a sericin held on the surfaces of the cocoon filaments. A tubular cocoon filament structure of an arbitrary pattern is obtained by winding the cocoon filaments 3 around a core rod 11 and then gluing them together by the sericin by heating and drying and separating cocoon filaments 12 wound and the core rod 11.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


絹糸は、グリシン・アラニン等のアミノ酸を主体とするフィブロインとセリン・アスパラギン酸・グルタミン酸等のアミノ酸を生体とするセリシンとの18種類のアミノ酸で構成されているので、生体親和性に優れ、古くより手術用縫合糸として利用され、ヒトへの移植に対する安全性が確認されている。しかしながら、従来、繭糸を人工血管や人工臓器等の医療用基材として用いる繭糸構造物の例は見当たらない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、医療用基材としての繭糸構造物及びその製造法に関し、特に、繭糸のみ、繭糸と他繊維との混繊維等を屈曲可能な平面状ないしは管状等の立体状の形態に加工し、繭糸の生体親和性を生かした人工血管や人工臓器等の医療用基材として利用できる繭糸構造物及びその製造法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
煮熟繭から引き出された繭糸単独又はこの繭糸と繭糸以外の合成繊維との混繊維が隙間のないように平面形状又は立体形状の形態に巻かれ、該繭糸単独又は混繊維が巻かれた形態が、組紐作製原理により編み込む動作を組み合わせることにより巻かれた管状の形態であるか、又は左右に動く絡交により巻かれた管状の形態であり、そして繭糸相互や混繊維相互が繭糸表面に保有されているセリシンにより膠着されてなる医療用基材としての繭糸構造物において、該繭糸単独が管状に巻かれ、かつ繭糸相互が繭糸表面に保有されているセリシンにより膠着された第1層と、この第1層の上に繭糸以外の合成繊維又は金属繊維が管状に巻かれてなる第2層と、この第2層の上に繭糸単独が管状に巻かれ、かつ繭糸相互が繭糸表面に保有されているセリシンにより膠着されてなる第3層とからなる管状累層構造を有することを特徴とする医療用基材としての繭糸構造物。

【請求項2】
 
請求項1において、繭糸構造物の表面がさらにフィブロイン又はセリシンのコーティング膜で被覆されていることを特徴とする繭糸構造物。

【請求項3】
 
請求項1又は2において、繭糸構造物の表面がさらに動物細胞の接着能を付与する材料で被覆されていることを特徴とする人工血管、人工腱又は人工靱帯用の繭糸構造物。

【請求項4】
 
請求項3において、動物細胞の接着能を付与する材料が、細胞外マトリックス成分、細胞外マトリックス成分含有ハイドロゲル、ゼラチン、レクチン、イガイ由来の接着性蛋白質、ポリリジン、接着性オリゴペプチド、及びトロンボスポンジンから選ばれた少なくとも一種であることを特徴とする繭糸構造物。

【請求項5】
 
請求項4において、細胞外マトリックス成分がコラーゲンであることを特徴とする繭糸構造物。

【請求項6】
 
煮熟繭から引き出した繭糸単独を熱可塑性樹脂製芯棒に巻き付けて第1層を形成し、この第1層の上に繭糸以外の合成繊維又は形状記憶合金からなる金属繊維を巻き付けて第2層を形成し、次いで、この第2層の上に繭糸単独を巻き付けて第3層を形成することからなり、この第1層及び第3層を形成する工程のうち両工程において又は第3層を形成する工程において巻き付けた繭糸を加熱乾燥しながら、繭糸表面に保有されているセリシンにより繭糸相互を膠着させ、そして第3層を形成する工程において加熱により軟化した熱可塑性樹脂製芯棒を左右に牽引して細くし、この細くした芯棒を取り出して繭糸と他繊維との管状の累層構造を有する管状繭糸構造物を得ることを特徴とする繭糸構造物の製造法

【請求項7】
 
請求項6において、得られた繭糸構造物の表面をさらにフィブロイン又はセリシンの溶液でコーティング処理し、次いで加熱乾燥することを特徴とする繭糸構造物の製造法

【請求項8】
 
請求項6又は7において、熱可塑性樹脂製芯棒が、円筒形、角筒形、円錐形、角錐形、又はこれらの形状を組合せた形状を有するものであることを特徴とする繭糸構造物の製造法。

【請求項9】
 
請求項6~8のいずれかにおいて、芯棒として、熱可塑性樹脂製芯棒の代わりに、薄く細い板状の鋼材を螺旋状にして棒形状物としたものを用い、この芯棒を取り出す際に、この螺旋状の棒形状物を捻ることにより細くし、この細くした棒形状物を取り出して管状繭糸構造物を得ることを特徴とする繭糸構造物の製造法。

【請求項10】
 
請求項6~9のいずれかにおいて、得られた繭糸構造物の表面をさらに動物細胞の接着能を付与する材料で被覆することを特徴とする人工血管、人工腱又は人工靱帯用の繭糸構造物の製造法。

【請求項11】
 
請求項6~10のいずれかにおいて、煮熟繭から引き出した繭糸又は繭糸と繭糸以外の合成繊維との混繊維として、予め動物細胞の接着能を付与したものを用いることを特徴とする繭糸構造物の製造法。

【請求項12】
 
請求項6~11のいずれかにおいて、得られた繭糸構造物の表面をさらに細胞外マトリックス成分、細胞外マトリックス成分含有ハイドロゲル、ゼラチン、レクチン、イガイ由来の接着性蛋白質、ポリリジン、接着性オリゴペプチド、及びトロンボスポンジンから選ばれた少なくとも一種の材料で被覆し、表面に動物細胞の接着能を付与することを特徴とする繭糸構造物の製造法。

【請求項13】
 
請求項12において、細胞外マトリックス成分がコラーゲンであることを特徴とする繭糸構造物の製造法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2002341026thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close